山形の温泉、高畠駅・高畠町太陽館


高畠町太陽館(まほろば温泉) Home» 山形の温泉»


〒999-2173 山形県東置賜郡高畠町大字山崎200-1 TEL.0238-57-4177

入浴 300円 7:00~22:00(受付終了21:30)
入浴、休憩(別途200円 9:00~20:00)、食事
定休日 第二月曜日(祝日の場合はその翌日)
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 山形新幹線・高畠駅の中にある日帰り温泉、「高畠町太陽館」へやって来ました。山形新幹線と仲良く寄り添って走る国道13号線から高畠駅へ折れると、そこは高畠駅の裏手。その無料駐車場から線路を越えて通路を渡り、表側の太陽館へと参りまする。途中、階段のおどり場からは休憩広間が垣間見え、そこでは先客が休んでいるところ。1Fに下りて温泉はどこかと探してみれば、列車での旅人にも入り易くしたためか、改札口のすぐ脇に浴場入口があるのでした。
 この高畠町太陽館のある建物は、駅というよりも観光物産館的な趣きで、ついでに駅もくっ付いている感じなのでありまして‥。
2008.09
 券売機システムで受付を済ませ浴場へ向かってみると、中は意外ときれいでさっぱりした雰囲気で、ちゃんと気持ちを込めて運営しているな~と感じます。浴室には大理石造りの大きな内湯があり、窓の外にも何やら湯船があるの~と思ったら、それはサウナ用の水風呂のようなんですね~。

 浸かってみれば、お湯は無色透明で、循環加熱しながらの掛け流しになっているみたいです。で、肌触りはかすかにツルッとする感触で、少し塩素臭がありますが、源泉自体に匂いはないと思われます。そうですね~、お湯の温泉感はあまり感じませんが、きれいなお湯になっていたので、気持ち良く浸かれました。まあまあ良いんじゃないでしょうか。

 湯上り後、表に出てベンチで涼んでいると、そよ吹く初秋の風がとても良い気持ちなんです。そこには何かポワーンとした空気が流れ、周りの公園みたいな景色もグーでございましたよ。飲み物とアイスを買って、ゴクゴク、パクパクでいっちょう上がり。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性温泉 源泉:一本柳源泉 41.5℃ pH8.8 300L/M ナトリウム 108, 炭酸水素 139 (平成17年2月分析)加水なし、循環ろ過、消毒

宿泊は、高畠町ホテル一覧

©東北な温泉 2008-17rw