東北な温泉 山形の温泉

ホテル満光園

、突進レポ

ホテル満光園

(湯野浜温泉)
ホテル満光園 - 施設の外観ホテル満光園 - 施設のロビー
ホテル満光園 - 施設からの眺め1ホテル満光園 - 施設からの眺め2
〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜2-22-8 TEL.0235-75-2226

日帰り入浴なし、宿泊のみ
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり

ウォシュレット

 12月、湯野浜温泉といえば海沿いなんですけど、その海からせり上がった山の上にある、「ホテル満光園」という宿へ、今日はやって来ました。で、その高台から下界を眺めてみると、湯野浜温泉の山側は住宅街になっていて、意外と一揃えある小さな町だった事に気が付きましたのよ~。

 と、温泉街の向こうには広大な日本海が横たわり、この時間、赤く染まった夕焼けの空を暗黒の雲群が幻想的に覆い、それは夕日が見えなくても、この上ない絶景なのでございました。その光景を、風呂上りのビール片手に眺むれば、もう人間であることを忘れてしまうくらい、どこかへ飛んで行ってしまいましてね~。
2008/12(宿泊)
 もとい、シャレた感じのフロントで受付を済ませ、部屋にて荷をほどき、浴場へ。

 と、お風呂は1Fの離れ的な所にあり、そこには内湯と露天風呂が1つずつ備えられておりまする。で、露天風呂は立てば海も見える、まあまあのポジション。もちろん掛け流しになっており、無色透明で匂いの無い、ちょっとツルッとする肌触りの、さっぱりしたお湯でございました。まあ、湯野浜温泉の混合泉で、そんなに特徴はありませんけど~。

(房総産伊勢海老プラン)
 さてと、夕食は色々並べられましたが、おいしかったのは庄内豚しゃぶしゃぶ、菊、塩辛の順。して、メインの伊勢海老は、私の経験から言うとボタン海老に似た味かと‥。そして翌朝の朝食は、一般旅館と同じような品揃えに、つきたての餅が付くのがここの売り。雑煮、納豆餅、黄な粉餅とありますが、あなたも私も大好きな、あんこ餅が何故か無くて、え?、どうして~と。

 で、ここは団体客と、どういうわけか若いカップルが多く来ているよう。なので、そのせいもあり、安眠に至らず‥。そんなもんで、翌朝食がカップル達が並べられた席になっているのが、ちょっとイヤで‥。あとは、ズワイガニの食べ放題があったり、カップルプランがあったり、囲炉裏プランがあったりで、様々な工夫が盛り沢山の宿なんでありましたよ~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:湯野浜1,2,3,4,5号、厚生有限、龍の湯新2号、並びに松舞の湯源泉の混合源泉 56.1℃ pH8.4 ナトリウム 1298, カルシウム 723, 塩素 3023, 硫酸 343(平成9年7月分析)多少塩素臭あり
ホテル満光園 - 内湯ホテル満光園 - 露天風呂

ホテル満光園 - 夕食ホテル満光園 - 夕食・伊勢海老他
宿泊は湯野浜温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw