東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
ぬまだてのゆっこ、突進レポ

ぬまだてのゆっこ

(沼館温泉会館)
ぬまだてのゆっこ - 施設の外観 〒017-0057 秋田県大館市沼館字藤蕪82 TEL.0186-42-9149

入浴 280円
入浴、休憩(広間は別途料金)
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー・セッケンなし

 8月、大館市の町外れ、町内会が運営するという日帰り温泉、「ぬまだてのゆっこ」にやって来ました。

 で、建物は最近建て直したらしく、ちょっとシャレた雰囲気で、まだ新しくてキレイなのです。玄関前には、この施設を最初に建てた人物(櫻庭陸一氏/明治)の銅像が、きぜんとした面持ちで睨んでおり「はは~!」と見上げながらの、ご入場~。
(雨上がり)
 いや町内会運営にしては立派だな~、しかも料金も安いし~、と思いつつ受付を済ませ、浴場へ。で、浴室には、寝湯とジャグジー付の広めの内湯があり、あと、なんだか分かりませんが、湯船の脇のすぐ上に中二階みたいな空間があり、そこには白い長イスに横になっているオジサンがチラホラ。

 さて、お風呂にはザーザーと無色透明のキレイなお湯が注がれ、ちゃんと掛け流されているようなのです。浸かってみると、特に変わりのない中性の肌触りで、匂いも無いようですが、時折かすかにアブラ臭がするようにも。まあ、これはこれで良い湯なんですが、実のところ、分析表と全然違うお湯に感じてしまいまして‥。

 分析表の掲示通りだと湯量がかなり少ない源泉なので、豊富に注がれるお湯には何か工夫をしているのかも知れません。いや、分析表がアクリル板になっているので、転記間違いかも~。

 えーと、まぁ、昼間はご近所の方々がチラホラと訪れる程度ですが、夕方にはお客さんでいっぱいになるのだと思いますね~、たぶん。

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:大館市沼館温泉 42.2℃ pH8.7 2.18L/M ナトリウム 567, カルシウム 334, 塩素 520, 硫酸 1289, 炭酸水素 518, メタケイ酸 161(平成1年3月分析)
ぬまだてのゆっこ - 脱衣所ぬまだてのゆっこ - 脱衣所から見た浴室
ぬまだてのゆっこ - 内湯
宿泊は大館ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw