東北な温泉 福島の温泉

栄荘(さかえそう)

、突進レポ

手づくりの湯・栄荘

(松川浦)
栄荘 - 施設の外観栄荘 - 施設のエントランス
栄荘 - 客室内栄荘 - 客室から見える松川浦とその町並み
〒976-0022 福島県相馬市尾浜字牛鼻毛64 TEL.0244-38-8126

入浴 800円
入浴、食事、休憩(広間)、宿泊
男女別(内湯1、露天2、サウナ2)
シャンプー・セッケンあり
バス・トイレ付(シャワートイレ)

 3月、松川浦の長い砂浜道の大洲海岸へ。と、その裏側の湾内には青ノリの棚がギッシリとひしめきあい、その内湾の奥側にはまた、旅館がひしめきあうように建ち並んでおりました。で、今日はその中でもひときわ高い所にある「栄荘(さかえそう)」へ、カニ料理を楽しむべくやって参りましてね~。

 して、部屋に案内され一息ついた後、窓から松川浦とその町並みを一望しつつ、ビールをキューッと喉に流し込みますと、それは何ともいえない心持ち~。夕暮れで紅色に染まった家々の白壁、アルコールで染まった頬のわたくし、夕陽(とちょっとアルコール)は人の心を癒やしまするのよ~。
0803(宿泊)
 と、館内はなかなかキレイで、従業員も若いお嬢さんを中心に構成されているもよう。そうですね、だいたい女性好みの内装になっているように思います。‥で、昨年末から蟹を求めて右往左往しておりまして、この冬の最後にやっと相馬へ来られまして‥。

(カニづくし松コース、※カニ料理は冬季限定)
 カニづくしプランは、ズワイガニの刺身、しゃぶしゃぶ、味噌汁、焼きガニ、ゆでガニ一杯、カニご飯等のカニのオンパレード。やはり一番おいしいのは「ゆで蟹」で、新鮮なカニはミソもおいしく、ふだんは大雑把で適当に食べるところを、胴体部分まで分解して、食べられるところは全て食べ尽くしてしまいました。で、大広間にての食事にて、どのお客さんのカラ入れを見ても、細かく食べ尽くされたカラの山。地元漁港であがったベニズワイガニは、さすがに旨いですの~。

 まあ、蟹ばっかり食べるのもなんでして、普通料理に”ゆでズワイガニ”一杯付きくらいにすれば良かったかな~と、少し後悔も。あ、そうそう、最初に出されたもの以外に、オシボリとハサミを別途出してもらいました。たぶん、出し忘れただけだと思うんですけど、もし無かったら頼みましょう。

 あと、部屋の冷蔵庫には冷水。翌朝、ドアの前にお湯が入ったポットが置いてある等、サービスが行き届いた旅館でありまして‥。朝食は、通常のものプラス”あら汁”と”おかゆ”も付いておりました。

栄荘 - 夕食・ゆでガニ栄荘 - 夕食・カニづくし・ズワイガニの刺身、しゃぶしゃぶ等
栄荘 - 夕食・焼きガニ栄荘 - 夕食・カニの味噌汁

栄荘 - 3F・展望露天風呂栄荘 - 1F大浴場・内湯
 して、栄荘のお風呂は3Fに展望露天風呂、1Fに大浴場+露天風呂があり、日帰りのお客さんも来ているよう。

 MG談によると、大浴場のお風呂は深さが1mほどあり、ジェット水流付きで、浸かるとホゲホゲ状態(意味不明)だったそうです。あと、露天風呂はミクロの泡が出ており、それには青ノリの胞子も入っているのだとか。‥自分は、カニでグロッキーで寝てしまいまして。

泉質:温泉ではありませんです。

宿泊は松川浦ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw