ホーム 岩手の温泉

薬師堂温泉

、突進レポ

薬師堂温泉

(奥州市水沢)
薬師堂温泉 - 施設の外観1薬師堂温泉 - 施設の外観2 〒023-0003 岩手県奥州市水沢区佐倉河薬師堂27 TEL.0197-23-4126

入浴 600円
入浴、休憩(広間無料)、食事、宿泊
男女別(内湯1、露天1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 12月、奥州市水沢の北部、国道4号線が不思議に立体交差する(なんで?といつも首を傾げる)スポットのすぐ北にある宿、「薬師堂温泉」にやって来ました。

 ここは日帰り温泉としても地元では人気があり、今日の雪がまともに降る大晦日の午後でも、沢山のお客さんが訪れておりましてね~。まあ、皆さん、ちょっと早めに今年の垢を落としに来たのでしょう。して館内はもう大変な混みようで、嫌になるくらいでしたのよ~。
0712
 で、受付を済ませて浴場へ。と、施設は玄関を入って左に中くらいの大きさの広間(混んでいて写真NG)、右手奥に向かうと浴場がある構成になっておりまして‥。

 それから脱衣所から浴室に入りますと、階段を下りる形で眼下に大きな内湯が備えられており、その窓の外に石で囲まれた露天風呂も設けられてありました。して、内湯はタイルの色のせいか、かなり緑色に見えますが、実際は少し黄緑色が付いているかな~ぐらいの感じ。で、豊富に注がれたお湯はちゃんとオーバーフローしているもよう。

 浸かってみると、肌触りがほんの少しツルッとする感じで、塩素臭とクレゾール系のような香りがしてきます。あとは、浴槽の端に2つの電気風呂があり、そこは人気の的になっているようで、いつもどなたかがいらっしゃいました。

 それから外の屋根付き露天風呂に出てみると(画像なし、寒くて皆さんカピバラ状態でじっと動かず撮れなくて)、そちらのお湯は匂いもほぼ無く、またお湯もチョロチョロの投入量で、冬の今日は少しぬるくて、すぐに嫌になってしまいました。なので内湯に戻り、再びドボン。

 そうですね~、全体的には、まあまあ、良いんじゃないでしょうか。ここは1994年に旧水沢で初めて掘られた温泉だそうで、旧水沢市民の大切な浴場なんだと思います、というか、そう思い知らされましたです。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 高張性中性高温泉 源泉:珠玉の湯 50.0℃ pH7.3 ナトリウム 10310, カリウム 111, マグネシウム 120, カルシウム 1358, 塩素 17260, 硫酸 1408, ラドン 4.41Ci(平成8年分析)循環・ろ過・加温・塩素投入

※こんな陸地の真ん中に強塩泉が‥。海水程のしょっぱさに牛乳以上のカルシウムを含む温泉。この他に少し薄く温度も低い源泉「第二珠玉の湯」もあり。
薬師堂温泉 - 内湯と外に見える露天風呂1薬師堂温泉 - 内湯と外に見える露天風呂2
宿泊は奥州市ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw , 最終更新日:2019/11/06