東北な温泉 東北な温泉、タイトル
風呂桶
Home > コラム・ほか >

「風呂桶を買ってしまったのです!」


風呂桶  大型スーパーの中をさまよっていたら、なんと、念願のヒノキの風呂桶が売っているではあーりませんか。値段は桶も椅子も1000円なり。合計2000円+消費税です(こ、小遣いが!)。家族、あきれる‥。

 さっそく、お風呂で使ってみたところ、これがええんです。何といってもヒノキの香りがええんですね。プ~ンと浴室中に広がるんです。やはり自然の匂いはええもんですなー。肌触りもええんですよ。でも、なんか椅子が小さいような(昔の人用かな~)。

 次は風呂の蓋を替えようかな~。(「ギャー!」←家族の悲鳴)
0301

「その後」
 どうも桶の方が、杉っぽいのです。そういえば桶にはヒノキとは書いてなかったな~。ヒノキの椅子の方はプラスチックに比べると、ちょっぴり硬い感じがしてお尻が痛いのです。でも、プラスチックの時は冷たくて、温まるまで何度もお湯をかけておりましたが、ヒノキの方は一回かけただけですぐ温まります。よしよし。
0302

「その後2」
 しばらくして、ちょっと黒ずんだところも出てきたので、表に出して日光消毒をしてみました。ところが、ガーン! なんと縮んでしまって。そしてワッカも外れて元には戻れません。おそらくこれは昔の人なら一般常識の事象なんだと‥。しばらくはワッカ無しでも機能しておりましたが、だんだん水漏れが‥。
©東北な温泉