ホーム 山形の温泉

湯の原

、突進レポ

わらべ唄の宿・湯の原

(赤倉温泉)
わらべ唄の宿・湯の原 - 施設の外観わらべ唄の宿・湯の原 - 施設のエントランス
わらべ唄の宿・湯の原 - 施設脇の屋内グランドわらべ唄の宿・湯の原 - 館内
〒999-6105 山形県最上郡最上町富澤819-4 TEL.0233-45-2215

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天風呂1)
シャンプー・セッケンあり

 10月、赤倉温泉のゴチャゴチャッとした狭い路地を抜け、町外れの平地の最深部へと進むと、とても静かな小川のほとりにある宿、「わらべ唄の宿・湯の原」にやって来ました。

 と、ありゃ、宿前の広場では本格的アーチェリー姿のお客さんが、パンッと乾いた音を響かせながら的を射ったりしており、またその脇には結構大きな屋内グランドもあり~の‥。その他に足湯の小屋、金魚の池などがあったりで、そこは運動+癒しの館みたいな、ちょっと欲張り感のある施設になっておりましたのよ~。
0910
 さて、受付を済ませて1F奥の浴場へ、教えられた案内にしたがってクネクネと。で、浴室には、うぉ、そんなにおりましたか、数人のお爺ちゃんが入浴中‥。

 それでわたくし、身体のトラブルでちょっと体調を崩しており、やっとのことでの外出につき、病み上りのノロノロ動作。これが妙にお爺ちゃん達の波長とシンクロし、違和感なく溶け込んでしまいましてね~。でも何か「若いのに気の毒だな~」という視線も、やんわりと感じるのでございました。

 で、お風呂は内湯と露天風呂とがあり、どちらも無色透明で匂いの無い、さっぱりとしたキレイなお湯が掛け流されております。まあ、源泉の温度を下げるため少し加水もしているらしく、分析表よりもちょっと低いpHの肌触りで、ヌルヌルすべきところがツルツルする感触に‥。

 と、それはさておき、外の小川沿いに設けられた露天風呂は、川面を渡る爽やかな風がとっても心地よく、また目前に広がるどこにでもあるような秋の人里の風景が、地獄から生還した自分(大げさ)には心地よく‥。あ~、平和だな~、唐突ですが、生きているって素晴らしい~。

泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:町営赤倉2号源泉 73.8℃ pH8.5 ナトリウム 174, カルシウム 137, フッ素 3.1, 硫酸 597, 炭酸水素 133(分析:平成14年)(露天風呂の湯船の石には、カルシウムと思われるの白い析出がビッシリ)
わらべ唄の宿・湯の原 - 内湯と洗い場わらべ唄の宿・湯の原 - 内湯
わらべ唄の宿・湯の原 - 露天風呂わらべ唄の宿・湯の原 - 露天風呂からの景色
宿泊は赤倉温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/06