ホーム 山形の温泉

ホットハウスカムロ

、突進レポ

ホットハウスカムロ

(神室温泉)
ホットハウスカムロ - 施設の外観1ホットハウスカムロ - 施設の外観2
ホットハウスカムロ - 館内ホットハウスカムロ - 休憩所
〒999-5401 山形県最上郡金山町有屋1400 TEL.0233-52-3400

入浴 300円
入浴、休憩(広間無料)、食事、宿泊(隣接シェーネスハイム金山)
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 12月、山形の国道13号線を北へ。その先、秋田県境の手前の金山町で折れ、東の神室山へと続く道を進んで参りますと、グリーンバレー神室(スキー場やキャンプ場等ある施設)に到着致します。

 と、そこには金山杉で造られたと思われる立派でシャレた宿泊施設等が、バンバンと建ち並んでおり、うぉー、なんだか凄いぞ~と。まあ、そんなことを思いながら、その最奥部に隠れるようにある温泉施設、「ホットハウスカムロ」に向かいましたのよ~。
0912
 その立派で真新しく見える温泉施設は、多角形の建物半分が浴場で、もう半分が休憩所兼受付フロアになっており、窓からはスキー場のゲレンデが間近に見え、まだ雪の無い今は、冬枯れの茶色の風景が広がっておりました。

 それから受付を済ませ浴場へ。と、そこには浴室の窓側に沿うように長い湯船が設けられ、その真ん中ぐらいの窓際から、お湯がドバドバと注がれており‥。が、全体をみればオーバーフローの無い循環加熱方式のお風呂のよう。あとは、長い湯船の一部にはジャグジー、端の一区切りは水風呂に。して、浸かってみると、無色透明のお湯は塩素臭が強く、弱アルカリ性と少しの炭酸水素が影響して、ツルツルする肌触りを呈しておりました。

 そうそう、ここではとても元気そうなお爺ちゃん達がストレッチをしたり、サウナに入ったり、また陽気に語らいながら温泉を楽しんでおりましてね~。

 ‥もう、すぐそこまで来た雪国の世界、ここでのスキーをした後、冷えた身体を温泉で暖めて帰れるなんて、そりゃ、よろしいざましょ。

泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性弱アルカリ性低温泉 源泉:柳原源泉 27.5℃ pH7.8 ナトリウム 1242, 塩素 461, 硫酸 2146, 炭酸水素 230(分析:平成16年) 加水・加温・循環濾過・塩素消毒 ※2014年、新源泉のアルカリ性単純温泉(pH8.5)にて運用開始
ホットハウスカムロ - 内湯1ホットハウスカムロ - 内湯2

ホットハウスカムロ - 金山杉ホットハウスカムロ - 鳥海山
 冬も間近い12月、金山町内(県道73)を行くと、家々がちょうど冬支度を終えたところで、それらはだいたい1階部分を材木などで雪囲いをしたもの。

 と、家々が何か他所と様子が違うなーと思ったら、1階を車庫や倉庫にし、また全体を3階建てにしている家がほとんどなのです。あまりほかでは見かけない景色で、雪の多さを物語る冬の金山の暮らしを、少しだけ垣間見たようでございました。(個人宅なので写真はありません)。

 そんな金山町内には、名産の金山杉の見事な林が数多くあり、それらは旅人の目を引きつけ、また飽きさせなく‥。さらには夕日に照らされ、雪をかぶった鳥海山の姿が西に現れ、なかなかでございましてね~。
宿泊は新庄市ホテル一覧
©東北な温泉 , 17rw , 最終更新日:2019/11/06