ホーム 山形の温泉

下大湯

、突進レポ

下大湯

(かみのやま温泉)
下大湯 - 施設の外観下大湯 - 神社(上ノ山湯上観音)
下大湯 - 施設の入口下大湯 - 館内・浴場入口
〒999-3153 山形県上山市十日町9-30 TEL.023-672-0839

入浴 150円 洗髪料 100円
入浴、休憩室(別途300円)
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし
Pあり(向かいに大駐車場)

 1月、上山温泉の静かな裏通りにある案外大きな共同浴場、「下大湯」にやって来ました。で、道を隔てた正面の大駐車場から浴場へ向かいますと、おや、そこは神社(上ノ山湯上観音)のすぐ下、隣みたいな所にあるんですね~。んー、それにしても、何だかデカイ建物、いったい中はどうなってるのでしょうか~?
1401
 して中に入ってみると、そこには大きな玄関フロアの空間があり、なんだか二階へと続く階段も‥。はい、どうやら二階は有料休憩室になっているようですな~。で、券売機にて求めた券を番台へ差し出し、浴場へと突撃してみましょうぞ~。

 そして、脱衣所の銭湯的な格子棚へ服を放り込み、そこから全面ガラス戸で隔てられた浴室へゴー。

 と、その浴室は冬の冷たい空気のせいで湯煙りがもうもうと立ち込め、奥にいるお爺ちゃんの顔が見えないくらい。してそこは窓側に1mほど、洗い場と通路が設けられるだけで、あとは室内いっぱいに大きく造られたお風呂があり、そのタイル張りの湯船は、外観にも負けないくらい、それはそれは堂々と横たわっておりましたのよ~。で、見ても聞いても、お湯がとうとうと注がれ、サワサワとオーバーフローして行きまする。

 それで、冬の”かけ湯”は熱くてツライと思いながら、何度も浴びてからお湯に浸かってみれば、これが気持ちよろしで、もう、何も言う事ございませぬ~。またここのお風呂は、鮮度が良いのか、大きくて明るいせいなのか、清々しさと開放感に溢れ‥。して、お湯は無色透明で匂いも無く、またキレイで、肌触りが中性の感触でありました。

 しばらくして、見ればどこかのお爺ちゃんが「何の看板?」と思うほどデカイ札を持ってこちらへ。と、それはどうも洗髪札(有料)のようでして、どうやらその札に蛇口のハンドルが付いているよう。‥で、これが無いと蛇口をひねられないということ。

 あとは、ここの地域の皆さんは他所にも増して、浴場をキレイに使うことを心がけているようですので、外来者の皆さんも協力致しましょうか。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 低張性中性高温泉 源泉:上山地区1~3号源泉 64.3℃ pH7.9 ナトリウム 523, カルシウム 329, 塩素 809, 硫酸 755(分析:平成22年) 注ぎ口では1(水):4くらいで加水
下大湯 - 内湯
宿泊は上山温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw , 最終更新日:2019/11/06