東北な温泉
水沢温泉館、突進レポ

水沢温泉館

(道の駅にしかわ)
水沢温泉館 - 施設の外観1水沢温泉館 - 施設の外観2
水沢温泉館 - 館内水沢温泉館 - 月山銘水館の売店・「ぺそら漬」
〒990-0742 山形県西村山郡西川町大字水沢2304 TEL.0237-74-2100

入浴 300円
入浴、広間(別途200円)、食事(軽食)
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

 庄内へ向かう国道112号線、西川町中心部から西へ少し上った所にある「道の駅にしかわ」内の温泉、「水沢温泉館」にやって来ました。で、施設前にある小さな産直売り場にて、あつみカブやキャベツや柿などを購入し、隣の月山銘水館の売店で「ぺそら漬」を求め、だいたい満足したところで温泉へ。

 ちなみに「ぺそら漬」は、尾花沢周辺で作られる、ナスを塩と唐辛子で漬けたもの。どういう化学反応なのかナスの皮が白くなっていて、食べると爽やかに旨い感じの漬物なんでございます。あと「スイカの子っこ」と紅色の「サクランボのハチミツ」は、次回買うことに致しましょう。
2013.11
 して、券売機システムにて受付を済ませ、受付脇にある浴場に突入してみます。と、さすがに公共、ゆったり広々の浴室に無駄に広いとも思える内湯があり、無色透明で源泉自体には匂いのない、さっぱり系のお湯が、オーバーフローするでもなく、ほどほどに満たされておりました。

 で、お湯は分析表とは違って、肌触りがべったりとくっつく、カルシウムの多い中性の温泉ではないかと思われるもの。それでも、循環投入される水音がザザーッと館内に響き渡り、窓の外の紅葉が自然に目に映り込めば、一瞬のうちにあちらの世界へと連れていかれそうに‥。

 その湯上り後、脱衣所に戻ってみると、お爺ちゃんが鍵をどうにかしたとかで騒ぎになっており、受付の美人のお嬢さんがご来場‥。にゃー、ありなんですか、フリチンかもしれないところへ若いお嬢さんが急にの、このシチュエーション。‥と,話は変わりますが、湯上り後に休憩したフロントロビーが広く、なかなかよござんした。

 ‥そうそう、後でMGに聞いたところ、私がリサーチしたのは月山自然水を使用した「銘水風呂」(小さい木の湯船)の方で、温泉を使用しているのは大きい湯船でジェットバスがある方だよと‥。それを聞いた私は、石のように固まって地蔵仏‥。ちなみに大きな内湯は、ツルッとしてキシッとする温泉(よくわからん)だったそうです。いや、たぶん、水面が縁より低いから‥。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性アルカリ性低温泉 源泉:水沢薬師源泉 29.8℃ pH8.1 ナトリウム 2209, カルシウム 104, 塩素 3276, 硫酸 311(分析:平成25年)加水・加温・循環・塩素消毒、毎日換水
水沢温泉館 - 内湯1水沢温泉館 - 内湯2
水沢温泉館 - 内湯・月山自然水を使用した「銘水風呂」
宿泊は西川町ホテル一覧
©東北な温泉 2013-18rw
投稿へ

水沢温泉館(道の駅にしかわ)


コメント

旬の「月山筍御膳」 6月末まで期間限定

 西川町水沢の道の駅にしかわ内のレストランで、町特産の天然月山筍(だけ)をふんだんに使った「月山筍御膳」の提供を今月上旬から始めた。今月末まで、毎週火曜日を除く毎日、数量限定で販売している。

 月山筍は月山山麓の豪雪地帯で採れるネマガリタケの通称。ことしは暖冬の影響で、例年より1週間ほど早く収穫期を迎えた。サクサクとした歯応えと独特の風味、えぐみの少なさが特徴。早朝から山奥に入って手摘みするため、希少な高級食材として知られる。

 価格は1食2500円。事前予約は40食分、当日分は10食用意。当日分は午前8時半からレストランでチケットを販売する。

(投稿者 匿名 さん / 2016年06月16日)

「山菜御膳」関係者が試食・西川 22日から提供

 月山、朝日連峰の麓で採れる豊富な山菜が勢ぞろいする人気イベント「第9回月山山菜市場」が22日、西川町の道の駅にしかわで開催される。直売会のほか山菜汁や炭火で焼いた月山筍(だけ)などを提供する屋台が並び、多彩な山菜をふんだんに取り入れた「山菜御膳(ごぜん)」も味わえる。御膳の試食会が19日、同所で開かれた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年05月21日)

「道の駅にしかわ 月山銘水館」がリニューアル 地ビール使ったスイーツなども

 西川町の「道の駅にしかわ 月山銘水館」が改修工事を終え、4月21日にリニューアルオープンした。オープン当日の開店前には大勢の人が並び、来場客には先着で「月山自然水」が配られた。

 地ビールの製造タンクもリニューアル。雑菌が抑えられ、雑味が減り、さらにおいしい地ビール製造を行えるようになったという。すっきりした喉ごしの「ピルスナー」と、苦みを押さえた「ミュンヒナー」(以上540円)の2つの味がある。地ビールに使用している麦芽やホップと月山自然水を使って作られた「焼きドーナツ地ビール月山」(250円)、醸造する過程で取り出した後の副産物を使った「山形ビール芳ばしサブレ」(820円)、西川町で採れる「こくわ」を使った「焼きドーナツこくわ」(230円)などの新商品も開発した。

http://yamagata.keizai.biz/headline/296/

(投稿者 匿名 さん / 2016年04月23日)

道の駅販売のきのこ食べ食中毒

西川町の道の駅で販売されたきのこを食べた夫婦が、食中毒の症状を訴え、県は、毒性のある「ツキヨタケ」を食べた疑いがあるとみて道の駅に回収を指示し、すでに購入した人には食べないよう注意を呼びかけています。
県などによりますと、17日、西川町にある「道の駅にしかわ月山銘水館」で販売されたパック入りの「ムキタケ」を購入した仙台市内の夫婦が自宅で食べたところ、吐き気やおう吐など食中毒の症状を訴えました。
いずれも症状は軽いということです。

(投稿者 匿名 さん / 2014年10月20日)

たっぷり月山筍「御膳」きょう発売

 西川町の月山銘水館・地ビールレストランは18日、特産の月山筍(だけ)をぜいたくに使った「月山筍御膳」を発売する。地元の主婦でつくる料理研究グループ「水沢いきいき食堂」(飯野浅子代表)と共同で考案した期間限定の人気商品。1日30食限定で7月上旬ごろまで販売する。

(投稿者 匿名 さん / 2014年06月19日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。