東北な温泉 山形の温泉

上区公衆浴場

、突進レポ

上区公衆浴場

(湯野浜温泉)
上区公衆浴場 - 施設の外観1上区公衆浴場 - 施設の外観2
上区公衆浴場 - 館内上区公衆浴場 - 脱衣所
〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1-6-1 TEL.0235-75-2300

入浴 200円
入浴のみ
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンなし
トイレ・駐車場あり(道路を隔てた大駐車場もOK)

※2010年、新築リニューアル

 5月、湯野浜温泉の海岸近く、以前はボロでしたが、最近建て直して新しくなった地元民の温泉、「上区公衆浴場」にやって来ました。と、おや~、それはなんだか垢抜けた雰囲気、マンザラ悪くはありませぬ~。‥そして今日は向かい側のホテルが工事中で、なにやらゴチャゴチャと。
 
 中に入り、券売機&オバチャマ・システムにて受付を済ませ、浴場へ。

 そこは大理石造りの湯船と床、まだ新しくて奇麗でございまする。いや、予想外にお客さんがおりまして、汗‥。さて、先遣隊の足でお湯の様子をうかがいますと、ん~、これは無理、熱くてとっても入れません。蛇口の所からお爺ちゃんがいなくなったのを見計らい、蛇口をひねってドボンと‥。はい、気持ちようございますね。

 細長の湯船の奥からは熱いお湯が注がれ、おそらくはそのまま掛け流しになっている模様です。浸かった感じでは、ほぼ匂いの無い、ちょっぴりツルッとする肌触りの、サッパリ系、アツアツの温泉ですね~。浴室にはモワンと蒸気が漂い、久しぶりだったのもあって、もう汗だくの入浴とあいなりました。

 帰り、MGの話を聞くと、女湯は「の~、の~」が語尾が飛び交っており、本当は水でうめたかったものの、熱いのが好きな地元お婆ちゃん達に悪いと思いガマンした、と(親しみを込めて)申しておりました。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:湯野浜1,2,3,4,5号、瀧乃湯2号 57.2℃ pH8.1 ナトリウム 1303, カルシウム 475, 塩素 2792, 硫酸 318(分析:平成19年)
上区公衆浴場 - 内湯1上区公衆浴場 - 内湯2
©東北な温泉