東北を行け
マルタマ、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

マルタマ

(元祖十文字中華そば)
〒019-0506 秋田県横手市十文字町佐賀会字上沖田37-8 TEL.0182-42-0243
駐車場数台あり、中華そば 500円
マルタマ - お店の外観・脇マルタマ - お店の外観・前
マルタマ - 店内マルタマ - 中華そば
マルタマ - メニュー
 十文字町の中心部に程近く、南北に走る国道13号線から折れてすぐにある、元祖十文字中華そば「マルタマ」にやって参りました。見ると、大きなショッピングセンター「マルシメ」の駐車場脇にあり、間違ってマルシメに入って行きそうになること請け合いなのです。

 中に入ると、真ん中の”ついたて”を挟むようにコの字型のカウンター席があり、通路を隔てて窓・壁際にテーブル席と小上がり席がいっぱいの、案外ゆったりとした店内なのです。入店後、最初に食券を買って注文し、その後席に着くしきたりのようですね。

 メニューを見ると、以前食べた「三角そばや」さんと違って色んなラーメンがあり「えっ」と少し面食らってしまいました。まあでも初めてのお店なので、オーソドックスに「中華そば」をば注文致しましょう。

 しばらくして「中華そば」が、ちょっと小ぶりの器の中に、想像通りの姿かたちで現れました。してそのスープを飲んでみると「おう、これだこれだ」とうなずき納得する(十文字特有の)うどんつゆに近い、魚ダシの効いた風味なのでございます。お決まりの麩もいろどりを添えておりますね。

 麺は、かなりのちぢれのある極細手打ちふうのもので、切り干し大根にも似た白くて灰色チックな色合い。すすってみると、これが何ともいえない独特の風味。かん水を少なくして作ったような、酸味さえ感じるものなのです。

 メンマ、チャーシュー、麩は普通においしいですが、麺とスープは初めてだと、ちょっと引いてしまうような独特な個性を持つラーメンなんですのよ。でも地元に愛されているラーメンであり、私もちょっとずつ好きになりかけております。‥こちらは「三角そばや」さんよりも、一般向きかな~と思いました。
2009.06

宿泊は横手市のホテル旅館一覧
©東北を行け 2009-17rw