東北を行け
三角そばや、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

三角そばや本店

(十文字ラーメン)
〒019-0523 秋田県横手市十文字町梨木字羽場下63-1 TEL.0182-42-1360
三角中華そば 600円 、駐車場:店前と少し離れたところにも
三角そばや - 通り三角そばや - お店の外観
三角そばや - 店内三角そばや - 三角中華そば
 秋田旅の帰り道、秋田県南の十文字ラーメンが個性的で面白いと聞いていたので、夕食にはまだ早い時間、イヤだという自身の胃腸を説き伏せ、無理やり突撃してみることにしました。

 3軒ある老舗(マルタマ丸竹食堂、三角そばや)の中で、何となく「三角そばや」で、ごっつあんです。

 余談ですが、ず~っとトイレを我慢してきたので、入店後即トイレに突進すると、奥にあるトイレは、そこのご自宅のトイレと一緒のようでありまして、ちょっとやりにくく‥。

 して、メニューを見ると「中華そば」と「冷やし中華そば」だけなので、王道の中華そばを、ご注文。しばらくして出てきた中華そばは、麩が乗っているのがこの地域の特徴で、その他は昔の中華そばという姿‥。

 それからスープを一口飲んでみると、なんと日本蕎麦の蕎麦ツユにかなり近い風味で、次に麺をすすってみれば、それはカップ麺にも近いような、かなり細くて、ちぢれた平たいものなのでした。

 あとは、白っぽいチャーシューが、味付けを薄くして素材の味を生かしているような‥。それと例の麩は、スープがしみ込んでいて、これがかなりグーなのでございます。

 全体的に、他ではあまり出会わない独特の味わいになっていて、好き嫌いが分かれそうな、そんなテイスト。まあでも、昔ながらのこの味が好きだという人も、沢山いるのでしょうね~。そう、この中華そばは、一度食べただけではその旨さが分からない、ソウルフード的なラーメンなのだと思いますね~。


 後日、十文字町を通ったら、国道(R13)沿いに立派なお店ができていました。どうやら引越したみたいです。この本店の他に、湯沢店、横手店もできたようで‥、なんだかしばらく見ないうちに立派になった知人に出会った気分‥。

※実は、2007年に移転したもよう、上記地図も住所も新しい方へ変更致しました。

三角そばや - 新しいお店の外観
宿泊は横手のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw