東北を行け
福田パン、がんづき、小松屋餅店、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

福田パン

(前沢イオン)
岩手県奥州市前沢区向田2丁目85 TEL.0197-41-3111
コッペパン(あん・バター)159円
コッペパン(ピーナッツ・バター)139円
小岩井コーヒー 500ml 101円
前沢イオンの外観前沢イオン - 飲食所
福田パン - あんバターサンド福田パン - コッペパン
福田パン - 中身小岩井コーヒー
 3月、岩手で有名なコッペパン、福田パン(盛岡市)をとりあえず食べてみようと、何だかいつも寄り道してしまう前沢イオンへゲットイン。

 まずパンコーナーを覗きますれば、フジパン等が多く並ぶ一角に、大きな表示で目立つ「福田パン」のコーナーありや。で、その少ない種類の中から定番のあんバターとピーナッツバターを1個ずつ購入。あとはパンのお供、地元ゆかりの小岩井コーヒーとな~。

 さて(駐車場にて)、あんバターにとりかかりますと、これがデカイこと~。切腹箇所を開いてみれば、中にはあんとバターがめったりとご在中。食べれば、これが素朴な風味を残しつつ、まあ普通においしい、安心の味なのです。小岩井コーヒーで流し込みながら、むしゃぶりついて、一個も食べたらもう満腹、堪忍して下さいまし~。ピーナッツバターも味見してはみましたが、やはり「あんバター」の方が自分好みでありました。甘々ばかりだったので、白牛乳にしとけばよかったかも~。

 あ、そうそう、お店の中に(レジの前)飲食コーナーがありまして、お店で買ったものはそちらで食べてよろしいそうなんですよ。

p.s.
豆パンロール(白石食品工業)
豆パンロール 後日、豆パンロール(ビーンズロール)が岩手のローカルパンだと知って‥。自分はなんだか好きで、我が家のパンの日には毎回、近所のスーパーで買ってしまうんですけどね~。まあ、人の好き好きですけど~。


小松屋餅店のだんご

(奥州市江刺区)
小松屋3色団子(6本入)378円
 あともう一つ、地元の団子屋さん、小松屋のだんごを‥。前回来た時に「小松屋のだんご、売り切れました」の表示があり「え、何? おいしいの?」と気になってメモ‥。(売り切れマーケティングにまんまと)。

 それが今回はなかなか見つけられなく、店員さんに聞いてみたら、惣菜コーナーにひっそりと置かれてあって、ふぅ。んー、前回の特別扱いは終わったのですかね~。

 家に帰ってから夕食代わりに、そのだんごを食べてみれば、これが意外に旨し。まあ、つつみ屋のだんごと比ぶれば、あんこが少ないかな~と思うところあり。いやでも、これぐらいが糖分摂取量などをかんがみれば、丁度よいのかな~と。

 あんこ・ゴマ・しょうゆ、どれもちょっと素朴感がほんのりあり、甘さ控えめでおいしいんですのよ。そしてまた安すぎ~。‥おそらく、昼過ぎには無くなってしまうのでしょう。売られていたのは、ダンゴ、モチ、アンコだす。そしてまた数が少ないんですのよね。

小松屋3色団子

がんづき


あん無黒糖雁月:131円
がんづき  「がんづき」は、岩手・宮城では家庭でも作られ、主にオヤツとして食べられていたもの。だいたい東北人はみな知っていて、その他の地域では知られていない模様。
 まあ蒸しパンの一種かな~と。そうですね、今では大手パン屋さんが菓子パンの一つとして売っていたり、地元で作られたものは和菓子コーナーの端っこにこっそり置かれていたり、ですかな~。だいたい三角形のものが多いですね~。

メモ)
 後で知ったところによると、あっちの方(南の方)でもこれと同じものが、いつからなのか食べられているようで、それは「黒糖パン」とか「黒糖蒸しパン」とか呼ばれているみたいなのです。で、案外身近な食べ物なんだと‥。プンプン、でも「がんづき」は「がんづき」なんだから~。

宿泊は奥州市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw