東北を行け
展勝地レストハウス、突進レポ
Home > 岩手の観光 >

展勝地レストハウス

(北上市)
〒024-0043 岩手県北上市立花14地割21−1 TEL.0197-64-2110
あんこ餅 550円、きのこ入りいものこ汁(二子さといも) 860円、
ひっつみ定食(雑穀米+とろろ) 1080円
二子さといも:出荷は9月~11月上旬
北上展勝地のさくら
展勝地レストハウス - 外観展勝地レストハウス - 二子里芋
展勝地レストハウス - メニュー展勝地レストハウス - レストランテーブル席
展勝地レストハウス - レストラン座敷席展勝地レストハウス - あずき餅
展勝地レストハウス - 芋の子汁(二子里芋)展勝地レストハウス -ひっつみ定食
展勝地レストハウス - 桜並木(秋)展勝地レストハウス - 桜の老木
 秋の北上展勝地公園へ、「二子(ふたこ)さといも」という里芋を食べてみようかな~と、ノコノコやって参りましてね~。そこは北上川と和賀川が交わる大きな川幅の所、春には川沿いに続く桜並木で有名な観光名所なのです。して、秋の北上展勝地はあまりお客さんが来ていないようで、レストランも静かで空きが多いようでございました。

 で、甘党の私は”毎朝ついている”という餅をと、とりあえず「あずき餅」を‥。それとお目当ての”二子さといも”の入った「いものこ汁」も頼んでみましたのよ~。

 と、しばらく後、最初にあずき餅が出されたので食べてみれば、ほほう、なるほど、素朴な感じの昔風あずき餅。そして4つ入った餅に加え、あずきの量が多いざましょ。なので見込み違いで、これだけでもうお腹がリミット。はい、もう他には何も要りませぬぞ~。

 が、「いものこ汁」も頼んであったもので、それも頂かなくてはならなく‥。んー、ベツバラ系を先に食べてしまったもので、それらを押し出すベツバラ魔法も使えず~。

 そんなわけなんですが、少しだけでもと思いその「いものこ汁」も食べてみましたら、それはかなり薄味の汁で、入っていた「二子さといも」は大きなものを4分割したよう。まあ、それらは普通においしく頂けましたが、たまにしか食べない故、比べる材料が少なく、特徴などはつかめませぬ~。とまあ、粘りが強いとか、型くずれしないとか言われているようですが‥。

 そんで、汁が全体的に薄味な分、キノコの香りが強く感じられますな~。またこれも量が多く、これだけで昼食に十分かな~と思われましての~。

 食後、表へ出て腹ごなしに桜並木道を散歩してみれば、その桜の木の太いこと~。そして、老木なこと~。それから、蜘蛛の巣がいっぱいなこと~。そりゃまあ、秋の並木道もとっても良い感じ。ですが、春の桜の時期にはすこぶる景色がよろしいのでしょうね~。
18/11

宿泊は北上市のホテル旅館一覧
©東北を行け