東北を行け
原阿佐緒記念館&花野果ひろば七ツ森、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

原阿佐緒記念館

〒981-3624 宮城県黒川郡大和町宮床八坊原19-2 TEL.022-346-2925
駐車場 宮床駐車場、宮床小学校の入り口を入ったところ
入館料 210円
原阿佐緒記念館キンモクセイ
キンモクセイ落ち花
カマキリ案内図
 9月末、仙台駅東口の大通り(宮城野通り)でキンモクセイがオレンジ色の花を咲かせ、良い匂いを漂わせているとのニュースをテレビで拝見。その翌週、床屋の帰りに隣家の3本のキンモクセイが満開になっているのを見つけて匂いを嗅いでみたところ「うん? 匂わんぞ~」。それがなぜだか、どの木も匂わなかったのです。

 というわけで、北へ行く用事の途中に「原阿佐緒(はら あさお)記念館」のキンモクセイに鼻を押し付けてみようと思い、わざわざ立ち寄ってみたのです。

 場所は大和町宮床の町の中。ひっそりとした住宅街のなかに、お目当てのキンモクセイは行けばすぐ分かるように大きくて、こんもりと刈り込まれておりました。ところが、肝心のあの匂いが全然しなく、ガ~ン。見れば、花はほぼ落ちてしまい、地面はこぼれた花弁でオレンジ色。木には緑の葉っぱと壊れた花弁の残骸がかろうじて幾分かくっついているだけなのです。‥、残念ですが「また来るよ!」と声をかけて、仕方なく立ち去ったのでございます。

 ちなみに、記念館の中に入っていないので、無料にてどうもスミマセン。宮床駐車場からは少し歩くもので、気軽に(匂い嗅ぎに)は立ち寄れない感じも‥。
2016.10

メモ)
 キンモクセイは必ず香りを放つものではないそうですね。その年によって匂いがしたり、しなかったり、中には1回も匂いをさせない木もあるんだとか。また、ツボミが弾けて開花した瞬間が一番匂い、徐々に薄れていくらしいですの~。


花野果ひろば七ツ森

「南川湖畔直売組合」
〒981-3625 宮城県黒川郡大和町吉田南川下41 TEL.022-346-5081、冬季休業
 予定より早く終わってしまい、どうしたものかと七つ森湖の方へ車をころがしてみたら、ダム湖を渡った先、のんびりとした風景の中に一箇所だけ妙に車が密集しているところあり。はて、なにかな~と向かってみれば、そこは産直売り場の「花野果(はなやか)ひろば七ツ森」なのでありました。

 そう言えば昨日「台風の大雨の影響で野菜が高い」とテレビニュースが伝えていたっけな~、と思い出したところに渡りに船。

 あとはご覧の通りの安さ連発。小さい売り場ですが、片っ端から買い求め、結構楽しめましたです。なんですな~、普段野菜などを買わなくてその実情を知らない私でさえ、嬉しくなるような値札なんですのよ~。

花野果ひろば七ツ森庭
あけびイチジク
ナスネギ
トマトハックルベリー
宿泊は大和町のホテル一覧
©東北を行け 2016