東北を行け
むすびや、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

鳴子の米プロジェクト むすびや

(中山平温泉)
〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼77-84 TEL.0229-29-9436
「ゆきむすびのおむすび」
塩むすび 100円、鮭のりむすび 160円、青菜巻 160円、麹なんばん 160円
味噌汁 200円、漬物 100円
※2017.04 再オープン 、 駐車場・トイレあり
鳴子の米プロジェクト むすびや - 通り鳴子の米プロジェクト むすびや - お店の外観
鳴子の米プロジェクト むすびや - ショーケース鳴子の米プロジェクト むすびや - 店内
鳴子の米プロジェクト むすびや - おむすびセット鳴子の米プロジェクト むすびや - おむすび
鳴子の米プロジェクト むすびや - メニュー
 JR中山平温泉駅のすぐそばに最近できた”おにぎり”のお店「鳴子の米プロジェクト むすびや」にやって来ました。

 まあ、ここはおにぎり屋さんなんですが、長テーブルが2つ置かれ、軽食的に食べられるスペースもあり、またセルフでお茶なども飲めるようになっておりまするよ。

 で、事前に見た画像に、味噌汁とお新香とおにぎりのセットみたいなのを見たので、セットメニューがあるのかな~と思ったら、それは無く、それらは全て単品で‥。が、この「何になさいますか」シチュエーションに、何も考えていなかったオッチョコチョイが慌てふためき「塩むすび」と「季節の青菜巻」と「鮭のりむすび」をやっとの思いで頼んだのでございます。ふぅ。

 して、出されたお盆がお見事、とても美味しそう。まずはと「塩むすび」をいただけば、これが旨し。かぶりつくと、こめ一粒一粒に元気があり、そしてまた旨味を醸し、こりゃおいしいぞ~と。また他の2つも品よくできあがっており、そしてまた甘く漬けられたお新香が、塩むすびと一緒に食べても塩梅がよく、期待通りでございましてね~。

 あと、今日の味噌汁は、お揚げが全体の香りを支配していて、脇のエノキ茸がアクセントとなっておりましたです。

 えーと、おにぎりといえば郡山の「たけや」を思い浮かべますが、こちらの”おにぎり”もけっして負けてはおりませぬ。

 まあ、ちょっと残念なのはお昼しかやっておらず、また、ご飯が無くなったりするらしく「次は 12:30 に炊き上がります」と、私の後に来たお客さんに。‥あと勝手な要望を申しますと、帰りに買って帰りたいから、鳴子辺りで夕方まで販売してもらいたいとか‥。

p.s.
 こちらのお米は「ゆきむすび」と申しまして、鳴子町で作られる「おにぎり」に特化した新しい品種なのだそう。んー、山間地と思われるこの地で採れる米でも、おいしいものができるんですな~。感心‥。

 あ、そうそう「ゆきむすび」のおにぎりなら何でもよいというのであれば、この近く、ゆの駅しんとろの売店や食堂でも自作のおにぎりが売られておりましたよ。

宿泊は中山平温泉のホテル一覧
©東北を行け