東北を行け

銀の匙(ぎんのさじ)

Home > 宮城の観光 > 地図 / クチコミ

銀の匙

(鳴子温泉)
宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷63-1 TEL.0229-83-2895
施設の外観ブタ生姜焼き 豚生姜焼き 700円

 当サイトの読者様から「ここの洋食屋さんがおいしいよ」と教えていただき、突撃してみることに致しまして。場所は鳴子温泉の市役所支所の真向かいにひっそりとある「銀の匙(ぎんのさじ)」というお店。ここの前を何度も通っておりましたが、食事処であること自体に気が付かない、そんな佇まいの静かなお店なのです。

 玄関の前に「今日のランチ」として「豚生姜焼き700円」と「ハンバーグ800円」がボードに書かれてあり、何とはなしに豚生姜焼きを頼んでみたのですが、これがおいしかったのです。ちょっとしょっぱいテイストで、ご飯が足りないくらいですが、とても気に入ってしまいました。美味しく食べて、気分もご機嫌。

 事前に教えて貰っていたので違和感はありませんでしたが、マスターの頭にはちょっと寝癖があり、またにこりとも笑わないのです(ニコニコ手もみで来られてもなんですけど)。知らないで入ったら、なんじゃ~、と思ってしまう方もいるかも知れませんけどね~。
2003.04

チーズハンバーグ 800円

 久しぶりに来てみると、相変らずの寝癖と、寡黙な振る舞いが、期待通りでちょっとうれしくなりましてね~。

 注文をすると、今日は機嫌が良いのか、鼻歌を歌いながら料理を作って下さいました。後からやってきた家族連れの子供が、5分おきに溜め息をつきながら「はぁ~、まだかな~」と催促をするもので、思わず笑ってしまいましたのよ。‥今日もいつも通りのテイストで美味しゅうございました。
2003.06
チーズハンバーグ

チキンソティー チキンソテー 800円

 相も変わらず、寝癖も健在。で、今日は何やら独り言をおっしゃっていたのです。他に誰かいるのかな~と思ってしまいましたが、どなたもおらず‥。

 して、出てきたチキンソテーは、こんがりとチキンの皮が焼き上がっていて、キュウリとトマトの上に、タマネギのみじん切りとオリーブオイルがかけてあります。こんなの食べたの初めてです。ちょっとしょっぱめで、ご飯が足りないくらいの味付けは、そのまま。でも、うまいのだから仕方ありません。
2003.09

カキフライ定食 700円

 トレードマーク(の寝癖)は健在でして、今日は一段とパワーアップした具合いで、とてもうれしくなりました。今日は私も寝癖付きで参上です。

 平日の今日、お昼には(店の真向かい)役場の人とか来ているのかな~と思っていたのですが、誰も来ていないので経営的にちょっと心配になりましてね~。

 今日のカキフライ定食は、特徴は無いですが、ちゃんとうまいカキフライなのです。サラダのキャベツも、冬キャベツなのか、とてもおいしかったですね~。
2005.02
カキフライ定食

カキフライ定食チキンソテー カキフライ定食 800円(前より1コ増えて100増し)、チキンソティ 800円

 お昼になったので登良家食堂で、ラーメンでもスルッとすすろうかと思って行ってみると、ちょうどお嬢さんの運動部らしい軍団が店に入るところ。登良家食堂の中は狭いのでこりゃだめだと、坂道を下ってこちらにやって来たのです。

 店内に入るとマスターがいつものように立っていまして、今日は髪が長くなっているせいか、いつもの寝癖がさらに勢いを増していましてね~。んー、こんなことをここに書いたりしているもので、マスターの顔がまともに見れなくなってきました。で、うつむきながら料理の注文すると、また鼻歌を歌いながら作ってくれたんですのよ。

 今日の作品:カキフライは中までサクサク。半生を心配したのですが、そんな必要はいりません。いい仕事してます。お汁が、けんちん汁になっていて、これもGOOD。マネージャーのチキンソティを1つつまむと、濃厚な味付け、旨い。
2007.02

メモ)
 誤解の無いように申し上げておきますが、マスターは静かな感じの紳士的な方でございます。「寝癖、寝癖!」とやたらに書いてしまいましたが、本当はそれほどでもありません。将棋の羽生さん程度でありまして、私のと同じくらいです。あとは、店内は洋食屋さんという雰囲気で、そんなに広くも狭くもなく、んー、ちょっと殺風景な倉庫的な感ありですが、まあ普通のお店じゃないですかな~と。

宿泊は鳴子温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2003-17rw