東北を行け

登良家(とらや)

Home > 宮城の観光 > 地図 / クチコミ

登良家

(鳴子温泉)
〒989-6823 宮城県玉造郡鳴子町字湯元26-3 TEL.0229-83-3131
鴨せいろ 840円、天ざるそ 950円(大盛 1050円)
お店の外観天ざるそ  ホテル瀧嶋にいた(若い女将さんのような)お嬢さんから教えてもらった「登良家」に突撃してみました。

 ここは蕎麦専門店ではなく、町の食堂的な雰囲気のところで、広いようで狭い、摩訶不思議な店内なのです。で、席について様子をうかがっていると、この辺の旅館の仲居さんなど、地元のお客さんが多く来ているようですね~。

 して、メニューを見ていたら「鴨せいろ」に柚子コショウを入れて食べるとおいしいよ‥、と書いてあるのを見つけたのですが、ざるそば好きのこの人(わたくし)、強情にも「天ざる」を注文したのでございました。

 しばらく後、運ばれた蕎麦は、山形の香りの強い十割蕎麦などとは違う、あっさり系のもので、鳴子の中では結構うまい蕎麦だと思います。天ぷらも揚げ立てでおいしく‥。ここは、あっさり系ラーメンも旨いそうなので、次回はそのラーメンにしてみようと‥。
2004.07


 月日が流れた、ある日‥。

 表看板は蕎麦屋ですが、ラーメンも旨いというので、今回はそれを‥。この店のお勧めは(今日は)カモ南蛮だそうですが、今回も私の勝手にさせて貰います。いつもスミマセン。

 出てきたラーメンのスープを一口飲んでみると、魚だし系の香りが漂うもので、ラーメン専門店の凝りに凝ったものとは違い、あっさりしていて、さわやかに旨し。と、麺はちぢれ細麺で、あまり存在感はないかも知れません。うーん、このラーメンは、鳴子では一番旨いと思います。でも、ラーメン通が好むようなラーメンではないかな~。

 味噌ラーメンは、上にのっている野菜なども味がついていて、とってもおいしかったそうです(MG談)。鳴子のラーメンは、ここだな~。‥あくまでも、田舎の小さな町、の中での話ですけどね~。
2004.11

お店の外観ラーメン
味噌ラーメン
宿泊は鳴子温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2004-18rw