東北を行け
亀次郎、突進レポ
Home > 山形の観光 >

そば屋・亀次郎

(朝日町)
〒990-1411 山形県西村山郡朝日町大字和合2737-4 TEL.0237-67-3333
ざるそば 750円(大盛+150円)、天ぷら盛り合わせ 600円
そば屋・亀次郎 - お店の外観そば屋・亀次郎 - 添え物
そば屋・亀次郎 - 天ぷら盛り合わせそば屋・亀次郎 - ざるそば
 寒河江から南へ下る(地形的には上る)国道287号を行くと、”手打ちそば”のノボリが気持ちよくハタめいており、よく見ると「亀次郎」と書いてあるではあ~りませんか。今は亡き私の祖父の名前が亀一郎なので、このまま通り過ぎてはいけないような気がして、思わず突撃してしまいましてね~。

 前述しました祖父の名前の亀一郎のことですが、実はなぜか「かめじろう」さんと呼ばれていたんです。うんにゃ、違う、本当のところは「かめづろう」さん、なのっしゃ。

 さて、店内はまだ新しくきれいで、結構広く、お店の方の対応も丁寧なのです。で、何といってもご主人の腰が低く、お客さん一人一人に挨拶をして回るくらいで、ちょっと恐縮‥。

 して、蕎麦は石挽き手打ちそばで、朝5時から打っているとの張り紙がしてありました。と、出された蕎麦は透き通るような麺に黒い点々があり、食べてみると、とても洗練された風味で、旨いのです。エグミやクセがない分、万人向けのそばだと思いますね~、これは。‥山形田舎蕎麦とは、ひと味違う蕎麦なんでございます。

 あと、蕎麦ツユはさっぱりしたもので、後で蕎麦湯を入れて飲んでみると、これが旨し。一度飲み始めると、止まらない程。それと、天ぷらは何の油で揚げているのか、さっぱりと揚がっていて、これもまたよろし。んー、おいしいものを食べて幸せを感じ、あ~、今日は良い日だ~。

宿泊は朝日町のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw