東北を行け
金目そばの館、突進レポ
Home > 山形の観光 >

金目そばの館

(小国町)
〒999-1522 山形県西置賜郡小国町大字金目264-1 TEL.0238-62-2800
大盛 1000円、普通 700円
金目そばの館 - サクランボ金目そばの館 - お店の外観
金目そばの館 - 店内金目そばの館 - 蕎麦
 もうすぐ夏の山形路を行くと、あちこちにタワワに実ったサクランボが見かけられ、今年もよく実ったな~と、他人の物ながら、何故か満足感を覚えてしまうのです。

 で、小国町の役場の脇の道を奥へ。と、そこからどこまでも走り続け、途中で「間違えたかな~」と思った頃に、また「金目そば」の看板を見つけ「ふぅ~」とため息を。して、その先の奥地でちょっと開けた空間に出くわし、そこにやっと「金目そばの館」を見つけたのです。

 中に入ると、おばぁちゃん達が一斉に「いらっしゃいませ~!」と声をそろえて迎えます。で、案内された広間に上がると、そこには山で捕らえたというツキノワグマの毛皮や、ヤマメの剥製などが飾られてあり、なんともマタギの雰囲気がいっぱいでありまして‥。

 で、メニューには、金目そばの大盛と普通と飲み物だけがあり、2人なので大盛と普通の2種類を頼んでみますと、普通が大盛くらいで、大盛は二人前くらいもあってオドロキ~。

 して、蕎麦は”山形田舎そば”そのもので、素朴で香りの強い美味しい蕎麦。それをつゆにつけて食べると、プ~ンとカツオだしの香りが漂い「うまい、久しぶりだなぁ~、田舎そばの味は~」と。そしてお腹いっぱい食べた後は、身も心もとっても満足。そうだ、山菜のおひたしと、たくあんの漬物も付いていましたのよ~。

 して、これらは、地元で栽培した蕎麦を地元で製粉し、地元のオバチャマたちが打った蕎麦なんだそう。
2004.06

宿泊は小国町のホテル旅館一覧
©東北を行け 2004-18rw
投稿へ

金目そばの館(小国町)


コメント

小国町だと横川ダムの先、独立学園そばにある「水源の里ほたる」の蕎麦もなかなかです。横川ダム湖畔に立つ大イチョウの木を眺めながら行くとよいでしょう。

(投稿者 ♪ さん / 2015年02月16日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。