東北を行け
えがほ食堂、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

ゑがほ食堂

(鳴子温泉)
〒989-6823 宮城県玉造郡鳴子町湯元2-4 TEL.0229-83-3074
キノコそば 840円
えがほ食堂 - お店の外観えがほ食堂 - キノコそば
えがほ食堂 - メニュー
 鳴子温泉駅前の交差点の角にある、地元で有名な大衆食堂「えがほ食堂」にやって来ました。まあ、休日は大変混雑するのでしょうが、平日の今日は平穏で、鳴子の素顔を見たような気がします。

 外から見たイメージ通り、中は結構狭い空間ですが、まあ仕方ありません。それにしても、入り口の表のゴチャゴチャ感が、見事に中の雰囲気を現していて、恐れ入りましたでございます。

 さて、メニューを見ると、すごく沢山の種類があり、本当にこれって全部作れるの~と思う程なのです。この店の名物といえば「山菜キノコそば(うどん)」ですが、ワラビが苦手な私は「キノコそば」を食べることにしまして‥。

 程なくして出てきた「キノコそば」は、日本そばの上に沢山のキノコが乗っていて、匂いをかぐとキノコの香りがプワ~ンと漂います。と、ナメコ等の大きさが不揃いで、天然だと‥。それから本体の方は、濃い色のそばつゆと、モチモチした蕎麦で構成されておりました。

 なんちゅうか、キノコ好きにはたまらない、これが本当のキノコだという、香りの強いキノコ達。もしキノコの旬の秋に来たなら、いったいどんなキノコが出てくるのでしょうか。

 で、店内は、古川に行った帰りだというお婆ちゃんや、昼間から焼酎を頼むお爺ちゃん、道路工事のオジサンや、観光のお嬢さん等、幅広い客層でございましたのよ。
2005.02

宿泊は鳴子温泉のホテル旅館一覧
©東北を行け 2005-18rw