東北を行け
蕎麦:宮城
Home > カテゴリ >

宮城の蕎麦

どうだんの里
たまき庵
スズメのお宿
自由庵
木綿庵
賛久庵
なごみ茶屋
鬼の庄
ゑがほ食堂
登良家
すぎやま
ふじや食堂
一昇
藤治朗
三匠
新楽
萬乃助
山形や
喜久水庵
重作
椿寿庵
もみじ野
そばの神田
康正庵
千寿庵
そば日和
メモ)
 蕎麦の基本は、3たて(挽きたて、打ち立て、茹でたて)なのだそうです。お米が「精米したて」で「炊きたて」が美味しいように、蕎麦にも同じことが言えるのだと。なかでも蕎麦屋さんがなかなかできないのが「挽きたて」。要するに”酸化がいけない”のですよね。

(その他)
  • 田舎そばは、だいたい殻ごと挽いたものから作られることが多い。茶色っぽくて、風味強し。「ひきぐるみ」とも言われ、一番粉の正反対。
  • 更科そばは、実の中心部の真っ白な粉から作られる。蕎麦の風味が弱い。水でつなげるのが難しく、多くはお湯で練られる。一番粉とも言われる。
  • 藪そばは、緑色の甘皮部分を挽き込んだ鶯色の蕎麦。香りが高い。

p.s.
 食後は蕎麦湯を飲みましょう。コース料理の一部みたいなものなのです。

▲画像左下の数値は当サイト内ランキングの獲得ポイントです。
©東北を行け 2008-18