東北を行け
喜久水庵、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

喜久水庵

(仙台)
〒981-3203 宮城県仙台市泉区高森四丁目2-539 TEL.022-777-1371
食事処 茶そば 600円
売店 ほうじ茶・一号焙じ茶(100g)420円、
喜久福 抹茶生クリーム大福 120円、チョコ大福 150円
喜久水庵 - お店の外観喜久水庵 - 店内1
喜久水庵 - 店内2喜久水庵 - 茶そば
喜久水庵 - メニュー喜久水庵 - 購入品
喜久水庵 - チョコ大福
 仙台商人の町、仙台の年初めは「初売り」で賑わいますが、その中でも「お茶の井ケ田」のお茶箱(福袋)は特に有名で、仙台市民ならおそらく一度は買ってみたいお茶箱なのです。

 そんな「お茶の井ケ田」は、仙台を中心に東北から関東地域で喜久水庵(きくすいあん)という「お茶とお菓子のお店」を営んでおりますが、なかでも仙台市内には食事処を兼ねたお店が数軒ありまして、今日はその一つへ、初売りの余韻に浸りつつ、やって参りましたのよ~。

 して店内に入ると、意外に大きな「お茶とお菓子」の売店があり、その奥に食事処が続いている感じ。で、甘味処を兼ねた食事処は、各席がつい立で仕切られており、喫茶店より喫茶しやすい、大人の空間なのです。して辺りを見回すとオバチャマ軍団ばかりで、オジサンは貴重な存在or場違いなワタクシ一人だけ。と、窓から表の様子を見ていると、どうもオジサン達は皆、隣のラーメン屋へ駆け込み、オバチャマ軍団がこちらの甘味処に爆進するという、二極化が起きているよう。

 さて、メニューを見ると、豚シャブ、どんぶり、そば・うどん、甘味と続いておりましたが、せっかくなのでお茶を練り込んだ「茶そば」を注文(安いし)。出てきた「茶そば」は見事な緑色。何もつけずに一本食べてみると、お茶の風味はあまり感じられませんが、滑らかで重量感のあるモチモチした、おいしい蕎麦なのです。で、それを控えめな香りの蕎麦ツユにつけて食べると、案外マンザラでもありませんことよ~。あとは甘味で締めたいところですが、それはうちに帰ってから喜久福(きくふく)を‥。

 と、ここは基本お茶屋さん、出てくるお茶の回数が半端ではありません。席に着くとまず、2種類のお茶が‥。注文した「茶そば」にもほうじ茶が付いていて(ちゃんと蕎麦湯もあり)、食後にまた煎茶で一服。帰りに売店をうろついていると、またお茶が紙コップで「どうぞ」と‥。

 お茶屋さんとは全く縁が無かったこの人生、来てみるとなんだか新鮮で、結構楽しめましてね~。世間は案外広く、いろんな商売があるものですね~。

p.s.
「ほうじ茶・喜久福・チョコ大福」

 売店にて「ほうじ茶」のイチオシと、喜久福、その隣りで「私も連れてって!」と叫ぶチョコ大福を買って家路に‥。帰ってすぐ食べようと思った喜久福、それが冷凍されておりまして。

 で、解凍を待ってから、ほうじ茶と一緒に食べてみると、そのほうじ茶の香りがかぐわしいこと~。久しぶりに良い香りのするほうじ茶に出会えて嬉し。あと喜久福は抹茶と生クリームとコシあんが入った大福で、チョコ大福は生クリームとココアの香りでいっぱいなのです。まあどれも洋風のケーキに近いお菓子で、またそれが美味しいのでございまする。わたくしのお腹がちょっとばかし出まする‥。

宿泊は仙台のホテル一覧
©東北を行け , 18rw