東北を行け 宮城の観光

えびや茶屋

、突進レポ
温泉Top/観光Top宮城の観光

えびや茶屋&桜

(塩釜神社境内)→ 2019.05 えびや茶屋 閉店
〒985-0057 宮城県塩竈市西町3-1 TEL.022-362-4722
三色だんご 540円(一応15粒 あんこ・みたらし・ごま各5粒)
駐車場無料
塩釜神社・えびや茶屋 - お店の外観塩釜神社・えびや茶屋 - 三色だんご
塩釜神社・えびや茶屋 - メニュー塩釜神社 - 庭園
塩釜神社 - 塩釜港の風景塩釜神社 - 石段
塩釜神社 - 参門塩釜神社 - 桜の案内
塩釜神社 - 桜1塩釜神社 - 桜2
塩釜神社 - 桜3塩釜神社 - 狛犬
塩釜神社 - 奉納マグロ塩釜神社 - 本殿
 4月、塩釜神社境内にある団子屋さん「えびや茶屋」に、なんとなく突進してみました。

 と、神社の下にある駐車場から歩いて少し上りますと、赤い大きな鳥居の前に「えびや茶屋」という小さな休み処がありましてね~。近付いてみましたら「本日のダンゴは予約のみになっております」との貼り紙が‥。えっ、と固まっていると、茶屋の方から「一皿だけならありますよ」と声をかけてきまして‥。

 そうなのかと、喜んで買ってダンゴを食べていると、次に来たお客さんにも同じようにして一皿だけ売っているのです。どうやら、限りある(と思われる)ダンゴを多くの人に食べてもらうため、一皿だけ売っているようなのでありました。

 ダンゴは、機械で棒状にしぼり出したものを輪切りにした、少しゆるい硬さのダンゴ。んで、三色のタレもそれぞれ美味しく、まあまあいけるダンゴなのです。

 ここ塩釜神社は桜の季節もほぼ終わり、所々に遅咲きのサクラがチラホラと咲くだけになっており、次に咲くツツジの季節が待ち遠しい、そんな様子でして。それでも参詣のお客さんがチラホラと訪れ、ほのぼのとした春を満喫しているようでございました。

 あ、そうそう「見事な刈り込みの庭、境内から遠くに見渡せる松島、表参道の急な石段、献魚台に置かれたマグロ、本殿の裏側にある茅葺の社殿、樹齢800年の大杉」などなど、よく考えると見所いっぱいの塩釜神社なんですね~。また境内は公園のように広く、ゆっくりとひと回りするのも良ろしかと‥。

 それにしても22種類ものサクラがあるなんて(画像の桜案内板参照)、素晴らしいです。さすが、塩釜さま~。
宿泊は塩釜のホテル旅館一覧
©東北を行け0804 , 17rw , Update:2021/05/04