東北を行け 宮城の観光

亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅

、突進レポ
温泉Top/観光Top宮城の観光

亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅

(気仙沼市)
宮城県気仙沼市魚町2-1-13 TEL.0226-22-0469
揚げパン(こしあん) 117円、ソーセージパン 117円(全て税抜き価格)
駐車場:隣りの空き地に数台
お店は、この魚町本店と田中店の2店
亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - 外観亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - お店の前の通り
亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - メインの棚亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - 入口脇の棚
亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - 脇の棚亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - 揚げパンも陳列
亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅 - 揚げパン・ソーセージパン
 1月、気仙沼の街の中、そして湾のすぐそばにあるお店「亀の子もなか本舗/菓匠 紅梅」にやって参りました。

 で、海側を見渡しますと、交差点の先に公園ぽい丘が見え、その続きには案外低い堤防が繋げられておりまして‥(その先は海)。なんか、始めに高く設計された堤防がひと悶着あって低くなったとか‥。後で、堤防脇を車で走行してみたら、なんだか海がチラホラ見える低さになっておりましてね~。んー、海の眺望は絶対欠かせないものなんでしょうね~、ここでは。

 さてと、お店は新しくてキレイで、店内には沢山の種類のお菓子が並べられておりまする。そう「餅、和菓子、洋菓子、パン‥」と、何でもござれのお店なのです。で「亀の子もなか本舗」の名前のこともド忘れし、自分のド好きな「揚げパン」をお買い求め。あ、ソーセージパンも買っときますか~。

 そして家に帰って夕食に食べてみましたら、おう、これは予想にたがわぬ味と食感。周りの白い粉がシャリシャリで、オーソドックスな餡入り揚げパンなのでございます。ふむ、これは定番の味。案外、油はあっさりですかな~。

 あと、中に1/4の魚肉ソーセージが入ったソーセージパンは、揚げパンとは揚げ方が違い、メンチカツみたいな揚げ方なのです。そう、パン粉の衣が付いたような‥。そして食べたら、何だか旨いんですな~、これが。んー、油は毒、毒は旨し。

 そうですね、味がスマートで田舎っぽさやクセがなく‥。それは和菓子・洋菓子屋さんのなせる技なんですかね~。
宿泊は気仙沼のホテル旅館一覧
©東北を行け2101 , Update:2021/09/21