ホーム 仙台の観光

さいち

、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

秋保おはぎ・さいち

(秋保温泉)
宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27 TEL.022-398-2101
おはぎ6個 630円(賞味期限は当日のみ)
駐車場あり
秋保おはぎ・さいち - お店の外観秋保おはぎ・さいち - 駐車場
秋保おはぎ・さいち - 店内秋保おはぎ・さいち - おはぎ1
秋保おはぎ・さいち - おはぎ2
 4月、昼食に蕎麦を食べた後、なんか物足りないな~と思いながら秋保温泉街を通り過ぎようとしたところ、お腹が「おはぎを食べるべし!」と訴えてくるもので、仕方なくこの「さいち商店」に立ち寄ることに致しました。

 ところが、小さな店の駐車場は車でいっぱい。やっぱりやめようかと思って通り過ぎようとすると、すぐ下(東側)に「さいち第二駐車場」の看板が‥。あれ~、いつの間に‥。こっちはガラ空きだぁ。というわけで突進‥。

 この「さいち商店」は秋保温泉街の狭い路地みたいなメイン道路にある、地元民愛用の小さなスーパーなのです。地元では手作り総菜が豊富なスーパーと知られていますが、観光客には「おはぎの店」としてテレビ・雑誌などで紹介され、知られるところとなりました。

 店内は総菜コーナー、おはぎ&餅コーナーが半分を占める勢いで(後で再調査してみると実際は1/3ほど)、あとは一般の日用品(食品含む)が置かれております。お昼時は昼食用に総菜などを買う工事関係者&地元のみなさんや、おはぎを買う観光客&スイーツ好きのみなさんで、もういっぱいなんですのよ。

 「おはぎ」は大きいのが特徴で、手作りの素朴な風味(お袋の味的)の、分厚い小豆あんが乗ったおいしい逸品です。今日買ったものは、体積でいうとモチ米1:小豆餡2ぐらいの割合(イメージ)なのでありまして、気前よろしです。安くてデカイ、みんなが喜ぶ「おはぎ」なのですね。‥私の中では「おはぎ」ではなくて「ぼたもち」なんですけど。いや違う→ぼだんもづ。

p.s.
 店前の狭いベンチにて、一人でお餅を食べているお爺ちゃんが何か印象的。わたくしの将来も、こんなかな~。
0904

メモ)
 さいちの「おはぎ」は、もち米+うるち米で作る。
 もう一つの人気商品は惣菜で、原価率を高くし、お安くしてあるのが好評の秘密。
 あと、17:30~に「おはぎ・惣菜」が全品半額になるそう。
1909
©東北を行け , 16rw , 最終更新日:2019/11/06