東北を行け
紅華園、突進レポ
Home > 仙台の観光 >

中華料理・紅華園

(仙台市)
〒981-3213 仙台市泉区南中山2丁目12-8 TEL.022-376-2398
タンメン 750円、チャーハン 750円
駐車場 店前に5台くらい
紅華園 - 通り紅華園 - お店の外観
紅華園 - 店内紅華園 - タンメン
紅華園 - 麺紅華園 - チャーハン
紅華園 - メニュー
 仙台は中山の大観音さんの東側。以前に来た時は静かな通りだった道が、今では車がビュンビュン行き交い、とっても賑やかな往来に。今日はそんな坂道にある小さな中華料理店「紅華園」にやって参りました。

 開店時間に到着して車から降りると、丁度女将さんが出てきてノレンを出しているところ。「んちゃ~」と中に入ってみれば、あれ、既にお客さんがおりましてラーメンをすすっているではありませぬか。んー、大阪人か、はたまたお店の知人かぁ?

 えーと、このところ振られっぱなしのチャーハンをば頂きたくて参りました、かつてより知る店。この店ではやっぱりやめられないタンメンと、今回目的のチャーハンを注文致しまして、MG氏と半分ずつ”がっつく”ことに相なりました。二番乗りで注文致した料理は、鼻歌をうたう暇もなくすぐにお出ましになり、そのタンメンの姿を目にすれば、おう、いつものあのタンメンじゃなーと。

 が、下の麺などをほじくってみますれば、おや~、あの爆盛りだった野菜が一般盛り程度に‥。はい、昔食べた時のスープのラインが今日のラインとは違っておりまする(昔の画像と見比べるイヤラシさ)。食べてみると、うん、あの味は変わっておらず一安心、こりゃいいですな~。「鶏ガラとトンコツでダシを取り、野菜の旨みを凝縮した」という塩味のスープがおいしゅうござります。あ、ラー油を忘れてはいけませぬよ。

 と、チャーハンの方にもレンゲを伸ばしてみれば、テカテカで程よい焼き色ありのお姿がなんともいい感じ。食べてみたら、こりゃ旨し。これぞチャーハンという、とっても濃い風味がガツンと、口内を響き渡って喉奥まで達しますりマス。「ここのチャーハンもやめられないな~」と思ったところに、MG氏いわく「チャーハンはしょっぱすぎる」んだと‥。ガーン、人によって味覚は違うんでございますな~。

 今回またしてもお店オススメの「五目焼きそば」が食べられなくて残念なこと~。素直に頼んでいた他のお客さんのテーブルを見ましたら、なんと皿から垂れ出しそうな餡かけ焼きそばがこんもり。んー、次回は食べたやー。

 そうそう、店内はテーブル席が3つと座敷卓席4つ、前回タンメンを作ってくれた若者がおらず、オジサンとオバサンとで静かに営業しておりました。
(再び)

過去のレポート → 紅華園2006

宿泊は仙台郊外のホテル一覧
©東北を行け