東北を行け
鳥海ブルーライン、突進レポ
Home > 秋田の観光 >

鳥海山ブルーライン展望台

秋田県にかほ市象潟町小滝字鉾立 TEL.090-3124-2288 鉾立展望台:鳥海山五合目、標高約1150m(冬季閉鎖)
鉾立ビジターセンター、象潟からのバスもあり
鳥海山ブルーライン展望台 - 鳥海山の全景鳥海山ブルーライン展望台 - あっちに展望台
鳥海山ブルーライン展望台 - 国民保養センター鳥海山ブルーライン展望台 - 九十九島
鳥海山ブルーライン展望台 - 下界鳥海山ブルーライン展望台 - 展望所
鳥海山ブルーライン展望台 - 湧き上がる雲鳥海山ブルーライン展望台 - 雲
 山形の遊佐町から、鳥海山の山腹を走る鳥海ブルーラインを上ることしばし。だいたい見晴らしが良くなった頃に現れる大平山荘(山形側の展望所とレストハウス等)。そこから同じ標高くらいを北へ走りましたら、秋田側の展望所「鉾立展望台」が見えてきました。まあ、一本道なので‥。

 途中、突然、茶色い野うさぎが車の前に飛び出したかと思うと、数秒間同じ方向へ一緒に走り、気が済んだのかピョンと茂みの中に消えて行くのでありました。

 到着した(平日の)鉾立展望台には程々に車が止まっており、登山や観光のお客さんがチラホラといるばかり。前回、休日に来た時には一帯が車でギッシリで駐車スペースが無く、すぐ立ち去る羽目になったものでしたが、今回はゆっくりできそうでヨシヨシと。

 展望台は、南側の三角屋根の国民保養センターの屋上が一番高く、上ってみたら、そこから酒田方面、飛島、象潟の九十九島が一望でき、それはそれはうっとりする最高の眺望でございました。沖に浮かぶ意外に近くに見える飛島は平らな島に見え、どう見ても(地図で見ても)秋田県側にあるように思えるのですが、実際は山形県酒田市の所属で、フェリーも酒田とつながっているんですね~。

 ふと後ろに目を見ければ、鳥海山の山腹の緑もきれいで、息を呑むほどなんですのよ。‥実はこの屋上、ツバメの大繁殖地になっているようで、ツバメの大群がヒュイヒュイと。

 そこを下りて、今度は駐車場の北側にある小さな展望台へ。と、そこに立ってみたら、すぐ下に深くて大きな谷「奈曽渓谷」がアングリと口を開け、今にも人々を飲み込まんと(と感じてしまいます)。その底からは雲がモクモクと湧き上がり、正面の山頂まで昇っていく様がとても幻想的で、見る者を「うぉ~」と感嘆させまするな~。ここはなかなか見ごたえのある絶景ポイント。運良く天候に恵まれればですけど‥。

メモ)
 ここにある登山口から10分ほど登ると、奈曽渓谷に落ちる白糸の滝が見えるそうで、夕方は日本海に沈む夕日、夜になると漁火や、秋田市や酒田市の夜景も見えるそうですよ~。

宿泊はにかほ市のホテル旅館一覧
©東北を行け , 17rw