東北を行け
ペンションだいば、突進レポ
Home > 青森の観光 >

ペンションだいば

(外ヶ浜町平舘)
〒030-1402 青森県東津軽郡外ヶ浜町平舘太郎右ェ門沢1-1 TEL.0174-25-2138
二重窓、ペンションなんだけど喫煙可(当時)
ペンションだいば - 施設の外観ペンションだいば - 灯台
ペンションだいば - 朝焼けペンションだいば - ベット
ペンションだいば - 部屋ペンションだいば - 夕食
 津軽半島の右上、陸奥湾の平舘海峡に面する平舘灯台のすぐ下、いや灯台も敷地内にある模様の「ペンションだいば」にやって参りました。ここは本当に海のそばにあり、海峡の向こうには(約10キロ先)、下北半島が大きく見えるのです。

 チェックイン後、部屋に通され窓を開けると、そこには内海の穏やかな波の音がチャップンチャップンと聞こえ、なんともココロ安らかに‥。施設の中は外観と比べて案外良く、通された2Fの部屋は、洋室かと思えば奥に和室の部屋も付いている、ちょっと贅沢な間取り。ここは全ての部屋が同じではなく、唯一この部屋だけが、二間続きになっているみたいで(バス・トイレ付)、いわゆる特等室の部屋。

 夕食はご主人に呼ばれて階下のレストランへ。料理は写真では分からないかも知れませんが、一つ一つの量が、とにかく多く‥。まあ家庭料理の延長ではありますが、とてもおいしくいただけました。たいていは完食する私ですが、今回ばかりは量が多すぎて、少し残してしまって‥。んー、どうもすみません。

 それから、特筆すべきはイカハンバーグで、癖のないイカをメインにエビも入っている、この店一押しの料理。あとは、枝豆の毛深いこと(案の定、毛豆というらしいですな~)。それと、仕上げのアラ汁もおいしくて、それがまた、もうカンベンして下さいと思うほど量が多し。その上、話好きのご主人が、私共が食べている間(標準語で)ずうっと話しかけてくるもので、料理が残しづらく‥。

 食後、部屋に帰って「ふう」と一息し、窓から海を眺めていると、そよ風に連動してさざ波が立ち‥。最初、チャプンチャプンですが、気まぐれで風が強くなるとジャブンジャブンになって、突風が吹くとザッザーッという大波に‥。んー、ここは理科の実験室じゃないよね~。

 して、夜は灯台が照らすだけの真っ暗な海上に、満点の星。朝は対岸の下北半島から上る朝日が、海峡の水面に写り、キラキラと輝きます。いや、すばらしきかな~、時にはこのような所に泊まるのもよろし。日本中、いろんなところで、いろんな暮らしがあるものですな~。
(宿泊)

宿泊は外ヶ浜町のホテル旅館一覧
©東北を行け , 18rw