東北を行け
富山、新富山、突進レポ
Home > 宮城の観光 >

新富山

(松島町)
宮城県松島町松島字愛宕裏、トイレなし
新富山 - 入口の坂道新富山
松島の町並みブルーインパルス
松島の風景1松島の風景2
松島の風景3
 晩秋の良く晴れた日、澄み渡る空気を感じながら松島へ。こんな日は高いところから下界を眺めたら最高かもと思い、松島の裏山「新富山」に向かってみたのです。と、そこから真ん前に目を向ければ、午前中のまぶしい光が水面に跳ね返り、青と白と黒のコントラストが何ともいえなく‥。んー、これなら日本三景にふさわしや~。

 いちおうあった展望台に上ってみると、そこからの景色がまたよろしく、町内の街並みの向こうに、松島の島々、七ヶ浜の火力発電所の煙突、青い海、青い空‥。東に目を向ければ、松島基地ブルーインパルスの曲芸飛行(練習)が作る飛行機雲の丸い円‥。もう、何をか言わんや、黙って見るしかありませんね。その海の輝きは、誰をもの思考を停止させ、恍惚へと導きまするな~。

 場所はホテル新富亭の上で、駐車場は基本的には無いような感じですが、登り口に2台ほどのスペースと、急な坂を登り、上で方向転換し、下り坂にちょこっと止めている車も見かけました。‥まあ、下の松島の町から歩いて来ても、たいした距離ではないとも。
2008.11


富山

(松島町)
宮城県松島町手樽字三浦93、駐車場あり
車でしか行けん所、標高116m
 松島四大観の一つ、富山(麗観、明治・大正天皇も登られたそうな、p.s.後に平成天皇も)にも来てみました。

 奥松島に行く途中から山道に折れると、そこは車が一台しか通れない舗装道路。対向車が来ないことを祈りながら進み、途中ほんの少し開けた所でストップ。おや、そこから先は砂利道で。見ると立て札があって、そこが富山への参道入り口なのでありました。

 長い長い石段(MGの腹カウンターで270段くらい)を登って行きましたら、辺りは杉と一緒に大きなモミやイヌブナ等の林が続いており、他の神社などとは違った雰囲気をかもし出しています。ヒザとモモを酷使しながら(い、痛い!)目的地に着くと、そこには赤い観音堂と木造の展望台ありまして。うん? その先には砂利道が下方に続き、どうも先ほどの砂利道でここまで来られるような‥。

 それから、すぐ先にある展望台に上がってみますと、そこからの景色が何ともいえない絶景でございまして、苦労して登ってきた甲斐も手伝ってか、思わず「ほぉ~!」と。ほんと、ため息が出ますね~。

 実は隣の大仰寺はちゃんとしたお寺で、お墓もあるし、墓参用の駐車場も道もありまして。拝観料100円で、そちらからの景色もまた良いそうです。

富山 - 参道登り口富山 - 参道
富山 - 観音堂富山 - 展望台
富山からの風景1富山からの風景2
富山からの風景3
宿泊は松島のホテル旅館一覧
©東北を行け 2008-17rw
投稿へ

日本三景松島・富山(麗観)


コメント

コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。