秋田の温泉、鶴の湯温泉


鶴の湯温泉 (乳頭温泉郷) Home» 秋田の温泉»
鶴の湯温泉鶴の湯温泉
鶴の湯温泉鶴の湯温泉
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林地内 TEL.0187-46-2139

入浴 500円 10:00~15:00
入浴、食事、宿泊
定休日:日帰り入浴は毎週月曜日
内湯(男3、女2)、露天(混浴1、女性1)
シャンプー・セッケンなし

女性・露天風呂は夏季のみ2つになる

 乳頭温泉の看板役者、萱葺き屋根に、ランプに、囲炉裏ありの人気の宿、「鶴の湯温泉」にやって来ました。メイン道路から折れて2kmほど山道(途中砂利道あり)を奥地に進めば、疲れた頃にちょっとだけ開けた空間があり、そこが鶴の湯の敷地に‥。
 たくさん車が止まる駐車場から歩いて奥に進みますれば、本陣「鶴の湯」の門構えがあり、その奥に萱葺き屋根が見事なまでに奥へと続いておりました。なるほど、よそには無い秋田の宝ですな、これは~。
2009.06
 「んー、いつ来てもここは別世界だな~」と思いながら、本陣奥で受付を済ませ、お目当ての混浴露天風呂へと向います。(‥でも混浴が目当てではありません、たぶん)。

 お‥、目に入りし光景は、若いカップルとお爺ちゃんが一人入浴している姿。ふ~んと思いながら、先の「中の湯」の建物で服を脱ぎ、露天風呂に出てみると、何か女性の視線が痛いのです。あ、フリチンだった~。そそくさと、かっこ悪く前をかくす自分でございました。どうも混浴だった事を忘れていたみたいです。でもなんだか開放的な雰囲気なので、それほど恥ずかしいと思わないのが不思議なんですね。(キミ、カップルで来ているのだし、こっちは見ないでくれたまえ!)。

 ここの硫黄泉は、本当に乳白色で、お湯の中がまったく見えませぬ。また、ツブツブの湯ノ花なども殆ど無く、きれいなミルク色なんですよね。う~ん、これは別格~。

 湯船というか「湯の池」を歩いてみると、底に玉砂利が敷かれており、浸かってじっとしていると、時折ブクブクッと底から気包が沸きあがり、源泉のありかを教えてくれるのです。‥あんまり長居すると、イヤラシイと思われるので、おいどんは程々で引き上げまするよ。

その1:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:鶴の湯 39.4℃ pH7.1 ナトリウム 717, カルシウム 145, 塩素 825, 炭酸水素 919, 硫酸 249 (平成17年分析) 湯温が高いとき加水
その2:含硫黄・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 源泉:滝の湯 53.3℃ pH6.7 ナトリウム 584, カルシウム 130, 塩素 669, 炭酸水素 769, 硫酸 220, 遊離二酸化炭素 118, 遊離硫化水素 6.9 (平成17年分析) 湯温が高いとき加水

※過去のレポート → 鶴の湯温泉2002
鶴の湯温泉鶴の湯温泉
鶴の湯温泉鶴の湯温泉
鶴の湯温泉
宿泊は、乳頭温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2009-17rw