東北な温泉ロゴ 東北な温泉、タイトル
夕陽温泉WAO、突進レポ

夕陽温泉WAO

(宮沢海岸)
夕陽温泉WAO - 施設への道のり夕陽温泉WAO - 施設の外観
夕陽温泉WAO - 館内
〒010-0401 秋田県男鹿市野石字大場沢下1-17 TEL.0185-47-2926

入浴 400円
入浴、休憩(広間無料)、食事
男女別(内湯1、露天風呂1、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

(おが地域振興公社)

 11月、美しい砂浜に遠浅の海が続き、快水浴場百選(環境省)にも選ばれた秋田の人気海水浴場、宮沢海岸へ。と、そのすぐそばにある「かんぽの里コテージ村」内、夕陽温泉WAOへ、ちょっくら寄ってみました。

 と、こちらも特産のメロンのオブジェを冠した建物になっており‥。んで、この初冬の日本海の薄暗いどんよりとした雲の下、少しうなだれるように建っておりましたのよ~。
 
 中に入って受付を済ませますと、なんと300円(当時)で広間付き~。と、玄関の正面浴場入口には、今年の東日本大震災の影響か「海面から16m」の表示がされておりましてね~。

 それから浴場に参りますれば、窓際に扇型の湯船が設けられており、それは半分が温泉で、半分が白湯のジャグジー付きの、少し深い湯船に‥。して外には石造りの露天風呂が、寒風の中で湯煙りをあげ、ちゃんと熱めのお湯が注がれておりまして‥。と、露天風呂に浸かっていると、冬の海風が荒々しく吹き、山の露天風呂とは一味違って、刺すような痛さがある風なんですのよ~。

 さて、お湯は褐色に濁り、クレゾール系アブラ臭を放ち、肌をこすると、何故か少しだけスベル、炭酸水素がすこぶる多い温泉です。あ、女湯はかなりツルンツルンしたそう。あと、湯量は少ないですが、湯船からのオーバーフローが見て取れましたです。

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性-高温泉 源泉:若美温泉 44.4℃ pH- ナトリウム 7730, カリウム 287, 塩素 13620, 炭酸水素 1360(分析:平成18年)
夕陽温泉WAO - 内湯夕陽温泉WAO - 露天風呂

夕陽温泉WAO - 宮沢海岸1夕陽温泉WAO - 宮沢海岸2
夕陽温泉WAO - 宮沢海岸3
宮沢海岸

 施設を出て、すぐ下の宮沢海岸に下りて行きますと、広い駐車場やら、海の家やら、展望所やらが沢山‥。で、海岸の北方には風力発電の風車が連なり、南方には男鹿半島、目前には荒々しく波立つ日本海がドカーン。

 見上げれば押しつぶそうとするかのように低く垂れ込める、日本海の冬の空。と、容赦なく吹きすさみ、肌を刺しまくるシベリア(盛ったかも)寒風。それは、見れば清々しく、そこに立てばこごえる、そんな宮沢海岸なのでございました。

 年に一度はそこに立ちたい、男の海。とぉー!
宿泊は男鹿市ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw