岩手の温泉、焼石クアパークひめかゆ


焼石クアパークひめかゆ Home» 岩手の温泉»
〒023-0403 岩手県奥州市胆沢区若柳字天沢52-7 TEL.0197-49-2006
入館料 500円 9:00~21:30(冬季~21:00)
入浴、休憩(広間無料)、食事、宿泊
定休日:第4月曜日(7月、8月、12月を除く)
男女別(内湯2、露天1、サウナ1)、バーデゾーン(水着)
シャンプー・セッケンあり

 奥州市の西・胆沢(いさわ)地区にある公営の複合施設、「焼石クアパークひめかゆ」にやって参りました。雪も無く乾いた路面の国道4号線から分かれ、奥羽山脈・焼石岳の方へ。すると次第に雪景色が深まって行き、施設に着いた時には全くの雪国になっておりました。施設は宿泊棟や温泉棟等の大きな建物が連なり、その広い敷地にはでっかい駐車場。んー、人気があるらしく沢山の車でいっぱいですじゃ。
 館内には(玄関ベースで言うと)、右手に宿泊棟のお風呂、左手に日帰り用のお風呂があり、どちらも日帰りで入れ、どちら側にも広間があり、そしてまた広い施設の中、どちらに行ったら良いか迷ってしまいます。
 あ、そうそう、日帰り用の2F広間の小窓から眼下にプール&バーデゾーンが眺望でき、チラッと覗いたところ‥、なぬ~!、どこかのお父さんがフリチンで(男女共用で水着着用の)バーデゾーンに堂々とお浸かりになっておられるではありませぬか~。まあ、そんなことがあっても、ここでは許されるのですよね、たぶ~ん。
2010.01
 2ヶ所あるお風呂は別々の源泉が投入されており、まずはじめに宿泊棟(本館)の露天風呂付きのお風呂へ。するとお湯は少し黄緑色で、クレゾール系アブラ臭があり、中性なんですが炭酸水素のせいでヌルヌルする肌触りなのです。お風呂は掛け流しには見えませんが、一応どこからかオーバーフローしているのだと思います(女湯が掛け流しだったそうなので‥)。

 次に向った日帰り側(ゆうゆプラザひめかゆ)のお風呂は、内湯(サウナ付)のみですが、それがかなり強力な温泉なのです。そのお湯は濃い黄緑色で、ツーンとしたアブラ臭があり、それはペンキにも近い強烈な匂いを放つのであります。この締め切った浴室に長く居ると、めまいがしそうなくらい。また更に恐ろしや、この炭酸水素の数値(5902)、今まで見たことがありませぬ。すんごいな~ここ~。ヌルンヌルンのヌルヌル~。

 えーと、露天風呂にて、数人のお爺ちゃんと一緒に浸かっていますと、ひとりのお爺ちゃんが「あ~、う~、かぁ~!」と、かなりの大きな唸り声を上げながら浸かっていたのであります。一瞬、他のお爺ちゃん達が固まってしまったふうで、皆さんがたてていた水音が止まり、やけに「あ~、う~、かぁ~!」が響き渡るのでございました。そういえば「自分もやっているらしい」ということを思い出し、苦笑。’明日は我が身’ざましょ。

その1:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉 高張性中性高温泉 源泉:焼石岳温泉 60.7℃ pH6.9 ラドン 0.58Ci ナトリウム 5170, 塩素 6994, 硫化水素 0.8, チオ硫酸 1.1, 遊離硫化水素 1.1, 硫酸 115, 炭酸水素 2205, メタホウ酸 114, 遊離二酸化炭素 171 (平成19年分析) 加水、加温・減温、循環ろ過、塩素使用
その2:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 高張性弱アルカリ性高温泉 源泉:焼石岳温泉ヒメカ湯新源泉 69.5℃ pH7.8 116L/M(1200m掘削・動力) ラドン 6.35Ci ナトリウム 6770, カリウム 125, 塩素 6118, 炭酸水素 5902, 炭酸 658, メタホウ酸 371, 遊離二酸化炭素 156 (平成12年分析)


宿泊は、奥州市ホテル一覧

©東北な温泉 2010-16