東北な温泉 東北な温泉、タイトル

お風呂で「あ゛~!」と声を‥

Home > コラム・ほか >

お風呂で「あ゛~!」と声を‥、それは身体を守るため!



お風呂で唸る  ときに、みなさん、熱いお風呂に入ったとき、「あ゛~!」と声を発してしまいませぬか~。

 これ、実は”おっさん”だからではなく、身体が自然に反応する、いわば生理現象なのだそうです。人は熱いお風呂に入ると、「あ゛~!」と声を出して、身体の戦闘態勢を高めるのだそうで‥。

 それはシャウト効果と呼ばれる、自身の普段の能力を超えて「ストッパーを外した状態」を作るもの。例えば、テニス選手が「ターッ!」と声を出しながらボールを打ったり、仮面ライダーが「トー!」と叫びながらチョップを下したりすると、無言での時より力が出るというもの。

 それから、「あ゛~!」と発して長く息を吐き続けると、自然と肋骨が下がり、腹部の圧力が増す。するとそれにより腎臓の上にある副腎が刺激され、ストレスに長く耐えようとする物質の「コルチゾール」が分泌されるのだそう。

 なので、「あ゛~!」を我慢するのは、身体に良くないそうなのです。nhkのTV番組で見た話ですけどね~。

関連項目
 ・熱い湯(自律神経・血圧など)
©東北な温泉