鳴子温泉、ホテルオニコウベ


ホテルオニコウベ(鬼首温泉) Home» 鳴子温泉»


〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字大清水26-17 TEL.0229-86-2011

入浴 600円 10:00~16:00
入浴、宿泊
年中無休
男女別(内湯1、サウナ1)
シャンプー、セッケンあり

 とある秋の日、鬼首スキー場のゲレンデと共にある、「ホテルオニコウベ」にやって来ました。鬼首高原の西の壁、花立峠から県道(63号)を下りて来ますと、そこはまさに秋の高原の様相。ススキ野原の向こうには、黒牛が無心に草をはむ姿あり。下界の平地では、これから葉っぱが色付き始める頃、ここ鬼首はもう既に晩秋を迎えた景色に‥。
2009.10
 一応、リゾートホテルと名乗っているので、敷居が高いのかと思って来てみると、手馴れた感じで受付が済み、スムーズに3Fの浴場へと。‥実を言うと以前の料金が1000円と高く、それで今まで来なかったんですのよ。

 浴場には、窓際に気持ちの良さそうな内湯が設けられ、窓の外の景色が、まるで一枚の絵のよう。額縁に飾った油絵のようにも見えまするな~。んー、素晴らし~ぃ!。

 木造りの湯船には、豊富な湯量ではありませんが、お湯がとうとうと注がれ掛け流しになっており、無色透明で源泉自体には匂いのない、ちょっと塩素臭のするお湯で満たされています。その肌触りがヌルヌルするアルカリ性のお湯は、いやまあ、なかなかマンザラでもありません。平日の昼、ありゃ、日帰りのお客さんが意外に来ているんですな~と。

 実はわたくし、スキー初心者の頃(今も同じかも)、このスキー場のリフトを逆送で下りて来た人間でございます。「そんなに見ないで」っていうほど、皆さんの視線が痛くて痛くて‥。はい、スキー場の上の段から下の段へ下りる所が急で、怖くて滑って下りられなかったんです。先行して突撃し下りた友人が、途中から転げ落ち、下で動かなくなって真っ青に‥(でも3分ほどしたら動き出しましたけどね)。それでもう、ダメだと‥。

泉質:単純温泉 低張性アルカリ性高温泉 源泉:白土源泉・通産省源泉・本宮原1号源泉混合泉 76.9℃ pH8.7 ナトリウム 212, 塩素 289, メタケイ酸 276 分析:平成17年

宿泊は、鬼首温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2009-14