宮城の温泉、気仙沼プラザホテル


気仙沼プラザホテル(気仙沼温泉) Home» 宮城の温泉»


〒988-0014 宮城県気仙沼市柏崎1-1 TEL.0226-23-1313

入浴 800円 12:00~16:00、19:00~22:00
入浴、食事、宿泊
不定休
男女別(内湯1、露天1、サウナ1)
シャンプー、セッケンあり

宿泊部共用トイレが洗浄機付き

 気仙沼湾を望む(本当に)崖の上に建つ「気仙沼プラザホテル」にやって参りました。こちらは駐車場からも客室からも眺望がすこぶる良く、まるで気仙沼城(そんなのありません)の天守閣にでも居るかのようで、何だか殿様になった気分で‥。はい、ここは今年から温泉になり、隣の高台に建つ姉妹店、気仙沼ホテル観洋の温泉を使用しているようなのです。
2009.12(宿泊)
 チェックインしてすぐの午後3時、1階にある浴場に向ってみると、んー、案の定、誰もおりませぬ。でもしばらくすると、おじいちゃんが一人と、子供たち二人がやって来て‥。

 お風呂には内湯と露天風呂があり、どちらもちょっと殺風景な様子ではありますが、最初、縁から水面がかなり下がっているな~と思った内湯も、よく見たら、窓側にザッパザッパとお湯がオーバーフローしていて、なかなかいい感じになっていました。(でも、加熱していることからすると、完全な放流式ではないのかなとも)。

 無色透明なお湯はカルシウムが多く、少しキシキシしてすべらない肌触り。たまたま口に入ったお湯は、強塩泉のかなりしょっぱいお湯で、マグネシウムの苦い味がし、かすかに大地の匂いとわずかな塩素の匂いのする温泉でございました。

 露天風呂の方は、隅の穴に吸い込ませるようにオーバーフローさせており、また塩素臭がかなりあり、なぜかヌルッとする肌触り。まあそれでも、冬の露天風呂はとってもいいもの。寒い空気の地獄に、温かいお湯の天国、これがたまりませぬ。遠い空を見上げれば月も気持ち良さそうで、いつまでも浸かってしまう露天風呂なんでありますのよ。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 高張性中性低温泉 源泉:気仙沼温泉 29.1℃ pH7.3 ナトリウム 5400, カリウム 118, マグネシウム 537, カルシウム 548, 塩素 10670, 硫酸 751 (分析:平成17年) 加水なし、加温あり、循環ろ過、塩素投入






 レストランでの食事は、値段からしてもかなり良く、どれも美味しく頂けました。特に刺身は最高ですね。

 朝食はレストランのバイキングにて‥。なんだか若いお嬢さんの従業員が沢山いるなーと思っていたら、私の地獄耳が中国語をキャッチ。(メガネを忘れたせいか)美人に見えたです‥。

p.s.
 ホテルのすぐ下に「おさかな市場」という大きな直売所があり、ホテルからエレベーターで下りて行けるようになっていました。チェックアウト時、そこでの抽選券を何気なく渡され、みなさんがそちらへと流れる算段に‥。わたくし的には、そこの食事処(海フード)にあった海鮮ラーメン1000円に興味がそそられた次第で。
宿泊は、気仙沼ホテル一覧

©東北な温泉 2010-14