東北な温泉 仙台の温泉

都の湯

、突進レポ

都の湯

(作並温泉)
都の湯 - 施設の外観都の湯 - 施設の駐車場
都の湯 - 休み処都の湯 - 食事処のメニュー
〒989-3431 仙台市青葉区作並字元木2-36 TEL.022-796-8026

入浴 800円
入浴、岩盤浴、休憩(無料)、食事、宿泊
男女別(内湯1)、岩盤浴(別途)
シャンプー・セッケンあり


※2014.11に閉鎖、2017.12再開

 6月、有って無いような作並温泉の裏通り、ホテルグリーングリーンの陰にひっそりとある、ここ10年以内に建った意外に新しい日帰り温泉、「都の湯」にやって参りました。

 と、以前は温泉と岩盤浴だけだったのですが、今は宿泊もできるようになっており、また施設前にある駐車場は予想外に広いスペースになっておりまするのよ~。
2013/06
 さて、中に入りますとすぐに受付があり、その脇が大広間と掲示してある食堂みたいな空間で‥。して受付を済ませ、更に奥へ。と、そこには椅子席の休み処と、その向かいに寝転び座敷的な小部屋があり、そこでは何処かのオジサンとオバサンが横になって「クー、カー」とイビキを‥。で、その原始的な光景に、失礼ながら思いっきり動物園を連想してしまいましてね~。

 それから、そのまた奥にあるお風呂に向かってみましたら、そこには大理石造りの中くらいな大きさの湯船が横たわっており、それは湯量はそれほど多くはありませんが、程よく注がれ掛け流されている様子。そして浸かってみれば、案外鮮度の良いお湯で、マンザラでもない感じでございます。

 まあ作並の一般的なお湯と同じで、無色透明で匂いはなく、分析表とは違いますが、肌触りが中性ぐらいに感じるお湯なんであります。

 んと、私の中で来る前のイメージが悪かったものでしたが、実際に来てみたらそんなではなく、思いのほか満足した次第‥。でもまあ、私の勝手な相場感ですと、もう少し料金が安くてもよいような‥。

 あと、岩盤浴の入り口が一般温泉と同じ脱衣所内にイキナリ無造作にあって、行ってみたくもなるような‥。まあでも見回りがあるので、不正してもすぐバレるでしょ。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:佐蔵の湯 42.7℃ pH8.4 ナトリウム 135, 硫酸 365(分析:平成17年) 加温あり
都の湯 - 脱衣所から見た内湯都の湯 - 内湯
宿泊は作並温泉ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw