東北な温泉
湯の越の宿、突進レポ

湯の越の宿

(五城目町)
湯の越の宿 - 施設の外観湯の越の宿 - ロビー 〒018-1851 秋田県南秋田郡五城目町内川浅見内字後田125-5 TEL.018-854-2683

入浴 400円
入浴、休憩、食事、湯治
男女別(内湯1)
シャンプーなし、セッケンあり

 八郎潟の東の五城目町にある、地元では珍しい本格的な硫黄泉の湯「湯の越の宿」にやって参りました。と、やはり人気があるらしく、平日でも沢山のお客さんでいっぱいなんですね~。

 道中、能代から南下する国道7号線を避けて「裏道だ」と勝手にわめきながら、東側を走る県道4号線の山道を来ると、それが細い道がクネクネと入り組む、ハンドル回しに難儀する道で、宿に到着する前に、かなり疲れ果ててしまいましてね~。その後、帰りに国道7号線に出てみると、あっさりとしていて道も混んでいる様子もなく、悪夢を見た気分に陥りましたのよ。
2003.09
 受付を済ませ、奥の一段高いところにある浴場へと向かいます。

 で、浴室に入ると、白濁した案外大きな湯船が現れ、そしてなんだかアブラ臭がプーンとしてくるではありませぬか。で、よくよく匂いをかいでみると、鉄と硫黄臭と塩化物泉の匂いもしてきて、なんとも複雑なもの。浸かってみると、気泡のせいなのか、かなりのスベスベ感のある肌触り。あとは、掛け流しのようですが、注がれるお湯は湯船の湯温より低く、もう一本加熱用の管がどこかにあるのだと‥。

 そうそう、浴室がかなり蒸していたので、窓を開けようと試みたのですが、どうにもこうにも窓が開かないのです。なので、思いっきり汗をかきながら、湯船の中をあっち行ったり、こっち来たりしながら、悶々としながらの入浴に‥。たぶん、冬の寒さ厳しく、その関係できっちりと閉まる窓になっているのじゃと‥。まあ、加熱もしていることだしね~。

泉質:含硫黄・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:松橋1号 45.7℃ pH7.7 250L/M

 湯上り後、昼食にこちらで大ざる蕎麦(650円)を頼んでみたら、どえらく山盛りの蕎麦が出てまいりまして‥。これが、食べても食べても全然減らないのです。上の山を食べ尽くしたと思うと、その下に手で固めたと思われる山が、また出てくる始末。結局、食べきれず、ショック。麺は立ち食いソバみたいな食感ですが、そばつゆは案外旨いです。

 それから午後2時ごろに旅館を出てみると、玄関に、午前中にはいなかった地元のお婆ちゃんが店を広げていて‥。ふと目をやると、な、な、なんと、すこぶる安いのです。小さいですが洋ナシが12個も入って、驚くなかれ500円~。桃も12個300円だす~。思わず「やっすぅー!」と悲鳴をあげ、急ぐ必要も無いのに、焦るように買ってしまいましてね~。

湯の越の宿 - 内湯

湯の越の宿 - 昼食に食べた宿の蕎麦湯の越の宿 - 宿の玄関前で売ってた激安の果物や野菜たち
宿泊は男鹿ホテル一覧
©東北な温泉 2003-17rw
投稿へ

湯の越の宿(五城目)


  • Currently 4/5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Rating: 4/5 (1 votes cast)

コメント

五城目町の朝市もあるんです。

この前テレビを見ていたら、五城目町に朝市があり、たくさんのお婆ちゃんが活躍しておられました。

------------------------------------

 500年前、西暦1495年、馬場目の地頭・安東季宗が齊藤弥七郎に命じて、町村に「市神」をまつらせ、市を開いたのが始まりと伝えられています。その後、馬場目城が滅び、藤原内記秀盛が地頭として一円を納め、山よりの町村から谷口の砂沢城下にある五十目に市が移され、物と人がさらに集まり発展します。
 江戸時代は、久保田と能代や槍山の中間、そして阿仁鉱山への物資補給の基地となり、市は流通 の拠点として栄え、さまざまな職人が集まり、農作業や生活に必要なものすべてがそろっていました。
 市は、民衆のパワーにより、さまざまな時代のうねりをのりこえ今日も繁栄し続けています。

「五百年の歴史が息づく」

 ゆたかな自然の恵みから、包丁や桶、ザル、衣類などの生活用品まで。暮らしに密着した市の伝統そのままに、五城目「市」は、戦後六斎市から、2・5・7・0の付く日に行われる十二斎市になりました。
 正月二日の初売りに始まり、福寿草の苗やフキノトウが春の息吹を伝えると、新緑と共に蕨(ワラビ)、ゼンマイなど多彩 な山菜が並びだします。そこに色鮮やかな野菜が加わりはじめて、8月は盆市。夏の鮮やかさが過ぎて、栗やキノコが顔を出し、大根や白菜など漬物の素材が増えるにつれて冬へ。そして正月用品の買い出しで大変なにぎわいとなる歳の市。

「繊細な季節感と素朴さ」

 豊かな山の恵みを受けて育った山菜やキノコ。渓流で釣れたイワナやヤマメ。新米の季節になると、家庭で必ず作るのがダマコ餅です。
 お手玉(ダマコ)のようにまるめたゴハンをキリタンポ同様の鍋料理にして食べます。取れたてのキノコや野の香りがいっぱいのセリ、そしてよく肥えた地鶏を使ってうまみたっぷりの汁にします。何かと人が集まれば作るのがダマコ餅。五城目のおふくろの味です。

開催日
■毎月2・5・7・0のつく日に開催
※ほか臨時市3回開催5月4日「祭市」・8月13日「盆市」・12月31日「歳の市」
開催時間
■ 午前8時~正午
開催場所
■ 五城目町下タ町通 り(通称:朝市通り)

(投稿者 ぞう さん / 2010年11月04日)

今の世界温泉でもサウナでも入り口には刺青はお断りの看板が必ずあります。以前電話で確認したら看板を発注中とのことでしたがいまだに看板はありません。お湯がいいので町内外秋田市や県外ナンバーも以前はありました。いまは県外ナンバーを見ることはありません。早くしないとせっかくリニューアルしてもいずれはお客は寄り付きません。早く対処をお願いします。

(投稿者 デブヘビ さん / 2009年04月07日)

刺青いれてるお客がおお過ぎ、とても不愉快になります。私は常連なんですがいつもやくざ風の人がいますので行きたくないです。改善してもらいたいです。

(投稿者 tara さん / 2007年11月14日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。