鳴子温泉、東多賀の湯


東多賀の湯(鳴子温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉新屋敷160 TEL.0229-83-3133
入浴 500円 10:00~15:00
入浴、宿泊
無休
男女別(内湯1)
シャンプー、セッケンなし

 鳴子温泉の猫の額ほどの平地の国道47号線沿い、ウジエスーパーと西多賀旅館に挟まれて存在する、温泉通の間で有名な「東多賀の湯」にやって来ました。道路沿いの大きな看板には「ひふ病名湯」などと書かれてあり、鳴子温泉のなかでも数少ない酸性泉であることをうかがわせていますね。
2002.10
 中に入ると、外観同様に館内もキレイで、明るく清潔感があり、こちらも鳴子温泉らしい家族的雰囲気の旅館です。受付を済ませ、廊下の奥の浴場へ。おや、入り口前には小座敷があり、入浴後に休めるようにしてあるんですね。その小座敷を造ったせいか、脱衣所が少し狭い具合にも‥。

 さて、浴室に突入してみると、そこにはちょっと小さめの湯船があり、輝くように白濁した硫黄泉がなみなみと溢れ、掛け流されています。んー、このひなびた木造の浴室も良い風合いで、なんだか落ち着けますな~。また、内湯ではありますが換気に配慮しているようで、風通しが良く、爽快なんですのよ。

 お湯に浸かってしばらくすると、一人のお爺ちゃんがやって来て「はあ~、こんにちは~」と声をかけてくれたので、私も「こんにちは~」と。それからしばらくは、お爺ちゃんとの世間話に‥(えーと、捕まってしまったとも言います)。しかし、私の脳みそは例のごとく(方言の)翻訳でパンク状態。だんだん相づちが打てなくなり、隙を見つけて逃げるように立ち去ってしまいました。どうも、すみません。‥(同じ東北人ですが)しばらく南の方に行っていて、忘れた部分がありましてね。

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性弱酸性高温泉 源泉:東多賀の湯1号泉 50.2℃ pH5.9 ナトリウム 322, 硫化水素 2.3, 硫酸 685, 炭酸水素 250, メタケイ酸 224, 遊離二酸化炭素 489, 遊離硫化水素 34.4(分析:平成20年)

宿泊は、鳴子温泉ホテル一覧

©東北な温泉 2002-14