東北な温泉
ホテルいづみや、突進レポ

ホテルいづみや

(小原温泉)
ホテルいづみや - 施設の外観ホテルいづみや - ロビー 〒989-0233 宮城県白石市小原湯元9 TEL.0224-29-2221

入浴 500円
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天1)、貸切風呂、宿泊者用
シャンプー・セッケンあり

 温泉街とはいえないくらいに、少ない旅館がチラと点在する小原温泉。今日はその中心をなす施設の一つ「ホテルいづみや」にやって来ました。

 そこは、白石から西の七ヶ宿に向う国道(R113)を行く途中、脇を流れる白石川側に少し下りた所にあり、国道からは見えず、時折チラホラとある小原温泉の看板から、この近辺に温泉達があるんだなーと分かるぐらいなのです。そんなこんなで、適当に来たらたどり着いた「ホテルいづみや」。なんだかそれらしい雰囲気を醸し出しておりまするな~。
2002.11
 お土産屋などと一緒にある案外広いロビーにて受付を済ませ、奥の浴場へ。

 と、廊下を歩いていたら、どこかのおばさんが、窓の外から緑の葉っぱを投げ入れるではありませんか。うにょ、よ~く見ればそれはカマキリ‥。うっ! ジロッとおばさんをにらむと「うちのおとうさんが、寒くてかわいそうだから中に入れろと言うんだものぉ」と私に訴えるのです。んー、でも、やはりこれは、自然そのままの方が良いと思い、少し叱ってしまいましてね~。‥後で考えると、どういう人物なのか(健常者なのか)背景も知らないままに叱ってしまって、ちょっと今は後悔‥。

 さてと~、時代がかった館内の先、浴場に到着致しますと、内湯は丸い浴槽が2つ繋がったようなひょうたん型で、真ん中には噴水方式の水飲み場のような演出で、熱いお湯が豊富に噴き出し、掛け流されています。して、お湯は無色透明で、肌触りがかなりツルツルする、浸かればすこぶる気持ちの良いもの。湯上り後、体からわずかに温泉の匂いが漂い、お湯につけたメガネに白い結晶がかなり付いていました。はい、これはカルシウムが多いということなんでしょうね~。(‥でもお湯にメガネを漬けちゃダメ)。

 それから外の景色の良い露天風呂に出てみますと、それは内湯よりツルツル度が少ない感じになっており、それは注がれている湯量が少ないことと、今日は雨が入ったりで、お湯の性質が少し変わっているのでしょうか。んーと、そこから庭園の向こうに白石川を眺められる露天風呂は、なかなか良い造りで、見えるのか見えないのか、女湯の方をじっと見つめるオジサンが一人おりましてね~。

泉質:単純温泉 低張性アリカリ性高温泉 源泉:さいかちの湯 64.1℃ pH8.5 地下50m 540L/M ※部屋付きお風呂も温泉の模様
ホテルいづみや - 内湯ホテルいづみや - 露天風呂
ホテルいづみや - 周辺の景色
宿泊は小原温泉ホテル一覧
©東北な温泉 2002-17rw
投稿へ

小原温泉・ホテルいづみや


コメント

女将さん(多分)は対応がとても丁寧な方でした。
初夏の露天は40℃程度の温め設定、白石川からカジカの声がきこえてきて、長湯にはなかなかいい感じです。
湯上りにラウンジで冷水飲んで、ソファでだらっとするのが好きです。脱衣所がもう少し換気がいいということなしですが。

(投稿者 このへんの湯トラベラー さん / 2013年08月05日)

バスツアーで2泊したのですけれど・・・ロビーや廊下は冷房がなく暑い4時頃着いたので早速温泉へ熱いなんと45℃露天風呂はやや低かったけど40℃とてもバスの長旅を癒せる状態ではなかった。夕食・・・いくらツアーの食事とはいえ冷めた煮魚やてんぷらにロットものの付け合せ、この程度なら俺にも出せる旅館の料理とは到底思えないものだった。部屋の掃除もいい加減だったし・・・もう2度と行く事はない!!!

(投稿者 不満だらけ さん / 2007年08月15日)

静かなたたずみの温泉街です、休日でも立寄り温泉出来ますし、そんなに混んでいません。
多少道が狭いですが、じっくりといずみやの温泉を堪能できます。
泉質の関係か分かりませんが、すべすべになります。
ロビーには湯上りの冷水もありますので、入り前に一杯と入浴後に一杯いかがでしょうか。
金額もそこそこ安いし、温泉旅館としては立寄り入浴時間も余裕ありますので、お勧めの温泉です。
これからはドライブやスキー帰りも十分対応できます。
近くには復刻かつらの湯もありますので、はしごも可能かと思います。

(投稿者 コロ ワンワン さん / 2006年11月28日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。