東北な温泉
金成温泉・延年閣2002、突進レポ

延年閣(金成温泉)2002

金成温泉延年閣 - 施設の外観金成温泉延年閣 - 売店
〒989-5122 宮城県栗原市金成三沢32 TEL.0228-42-1121
入浴、休憩、食事
男女別(内湯2、サウナ)、露天風呂2002夏完成
シャンプー・セッケンあり

平成3年9月オープン

※新レポート:金成温泉・延年閣

 東北自動車道の金成インターから、北にちょっと行ったところにある日帰り温泉「金成温泉・延年閣」に来てみました。仙台からだと、ちょっと遠いかも知れませんが、国道4号線でも2時間弱で来られます。土曜日の午前11時ごろ来てみると混んではいなく、広間の居場所も楽々確保して浴場へ突進。公営ですが(お客さんの要望が反映されていてか)サービスは良い方だと思います。
2002.03
 この地域は餅文化の土地柄でもあり、ロビー売店にはおいしそうな餅が結構並べられておりました。はい、それはつきたてのホカホカ~。「あ~、餅も買っておけばよかったな~。杵つき餅、食べたかったな~」と(家でこれを書いてる)今頃になってつぶやいたりして‥。

  さて、広間は大きな座敷になっており、入り口の伝票に注文を書いておくと、食事などを運んでくれるシステムあり。(画像なしで申し訳ないですが)窓から見える栗駒山の風景もいいもんですね。

 お風呂に向ってみると、これがとにかくデカイ湯船あり。それなのに皆さんは端っこにばかりいるので、真ん中は何のためにあるのかと不思議に思えてきて‥。これなら真ん中にオブジェ的なものを置いて湯船の容積を減らし、お湯を有効に使う方が良いと妄想す。はい、お湯は無色透明で匂いのない、さっぱりした温泉ですね。

 午後4時以降になると皆さんが(さっさと)帰ってしまい、ガラガラ状態に‥。2時間のコースもあるので、夕方立ち寄るのもよいかと。あと露天風呂とサウナを現在造っているようで、2002年夏完成予定なり。その工事のせいで浴室の窓が目隠しされ、昼なのに暗~くなっていたんですよね。ざんねん。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:金成湯第1号 44.0℃ pH8.3(塩素臭あり)
金成温泉延年閣 - 広間金成温泉延年閣 - 内湯
金成温泉延年閣 - 脱衣所
宿泊は栗原市ホテル一覧
©東北な温泉 2002-15