東北な温泉 東北な温泉、タイトル

コバルト荘

、突進レポ

コバルト荘

(牡鹿半島)
コバルト荘 - 施設の外観コバルト荘 - 周辺の景色 〒986-2523 宮城県石巻市鮎川浜万治下1-2 TEL.0225-45-2281

入浴、レストラン、宿泊
男女別(内湯1)
シャンプー・セッケンあり

※2006.04閉鎖となりました。

 2月、牡鹿半島にある牡鹿町営(後に石巻市に合併)の国民宿舎、「コバルト荘」にやって来ました。で、コバルト荘の名称は放射能泉によるものではなくて、牡鹿半島を走る道路のコバルトラインからとったようなんですね~。

 して、ちょっと変わったT字型にそびえ立つ宿は、牡鹿半島のほぼ先端部の高台にあり、対岸に金華山が大きく見えるなど、なかなかのロケーションなのです。と、実は明日、金華山にも行ってみようと思っており、こちらに宿泊してみたんですのよ~。
2002/02(宿泊)
 そしてチェックイン後の夕方、窓から太平洋を眺めると、天気が良いような悪いような、そんな真冬の海が‥。一見、穏やかですが、実は荒涼と波立つ丸い水平線。それをしばらく眺めていると、母なる地球の愛と、自然の非情の両方を感じ、なんとも言えない感慨にふけってしまいましてね~。

 で、夕食は勿論、海の幸を中心とした料理で、鮎川名物の鯨の刺身も付いておりまして‥。まあ仕方ありませんが、鯨は冷凍保存したもので、少し冷たさを感じる部分も‥。私は刺身よりも、昔、給食で出された「鯨のから揚げ」が食べたくもなり‥。

 さて、ここのお風呂は温泉といってもトロン温泉(人工)。それで、トロン温泉はぬるい湯に浸かるものなのか、お湯の温度が低く、つい長湯になってしまいました。いや~、その~、無色透明で匂い無しの、まあ普通のお湯に感じるもので。

 そんで、お風呂に入り、しばらくしてふと気が付くと、隣に陣取った男の子(小学生未満)が、ずっと私のまねをしているではありませぬか。‥どうやら一人で入ってきたらしく。それが、入浴の格好(姿勢)も、タオルを絞って注ぎ口の上に置いておいた動作も、全く同じに‥。はい、子供は大人の真似をして育って行くものなんですね~。他人の子供でも、カワイイものですぅ。

 あ、「子供はあなたのコピーです」というCMがありましたが、他人の私のコピーになったら申し訳ない‥。お母様「知らないオジサンについて行っちゃダメ!」と教えてくださいまし~。

泉質:トロン温泉(微弱な放射性物質が含まれるトロン鉱石による)
コバルト荘 - 夕食コバルト荘 - 内湯
宿泊は石巻ホテル一覧
©東北な温泉 , 19rw