東北な温泉 東北な温泉、タイトル

馬古沢温泉(まごさわおんせん)

、突進レポ

馬古沢温泉

(色麻町)
馬古沢温泉 - 施設の外観1馬古沢温泉 - 施設の外観2 〒981-4122 宮城県加美郡色麻町四竃字馬古沢8 TEL.0229-52-3069

入浴、湯治
無休
男女別(内湯1)があるが、混浴のみ営業
シャンプー・セッケンなし


※2009年に(残念ですが)廃業、なんだか寂しく‥

 8月、三本木町の「ひまわりの丘」のすぐそばにある”ひなびた”浴場、「馬古沢温泉」にやって来ました。国道4号線を走り、この辺りにさしかかると、道路脇に馬古沢温泉の看板が特に目につき、いつまでも無視することもできず、仕方なく突撃してみたのです。

 で、田んぼの中を奥へ奥へと進んで行くと、向こうの里山の下にポツンと建物があり、ここかな~と。して、そこではお湯を沸かしているらしく、煙突からポヤポヤと少しだけ煙が上っていたんですのよ。
2002/08
 中に入ると、玄関正面の部屋からこちらをうかがっているお爺ちゃんがいたので声をかけると、そのお方は湯治に来ているただのお客さんのようでして、あれ~。どうも受付は土手の上の、別の建物にあるようなのです。

 はい、受付らしき所に向かってみると、ひょいと出てきた女将さんが少し困り顔で、

うちは 混浴 なんですよ~!




 と‥。ガーン! その一撃に、一緒に来たマネージャーが凍りつき、自分もあ然。し~~~ん。その妙な静けさを振り払うように、元気良く「入浴致します」と発してしまった私なのです。

 さて、下の建物に戻り、縁側を進み浴場へ。と、その建物には個室の部屋がずらっと並び、湯治のお客さんが各々くつろいでいる様子。誰も居ないものと思って来たもので、お客さんが結構居るのに、ちょっと驚きまして‥。その奥へ更に進むと外れに浴室があり、2つのドアのうち片方は準備中の札が掛けてあり、それはもともと女湯のようで、今は沸かしていないようですね。

 もう一つの運用中らしいドアを開けて中へ。はい、そこはすぐに小さな脱衣所で、服を脱ぎ、恐る恐る浴室のドアを開け突入せり。んー、そこにあるのは、薄茶色に濁ったお湯をドヨヨンとたたえる小さな湯船‥。おや、湯船の上には、ちゃんと風景画も~。一応注ぎ口はありますが、お湯が注がれる気配もなく、どうしたものか~。ここまで来て帰るのもなんだな~と、頑張って浸かってみると、それは結構熱く、意外にきつい浴感のお湯なのでございました。その他、思考停止。

 うにゃー、このお風呂での混浴はきびしいものがありまするな~(ここに到着した時、ちょうど2人のおばさんが出て行ったのが脳裏に浮かび‥)。ふう、誰も居なくてよかった~。‥その後少しして、若いお兄さんが1人、普通に入って来たんですよね~。おぬし、意外とやるの~。

泉質:井戸水(2004年宮城県調査による)
馬古沢温泉 - 館内・廊下馬古沢温泉 - 浴場入口
馬古沢温泉 - 内湯
宿泊は大崎市ホテル一覧
©東北な温泉 , 18rw