鳴子温泉、せんとう目の湯


せんとう目の湯(鬼首温泉) Home» 鳴子温泉»
〒989-6941 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字轟8-1 TEL.0229-86-2262
入浴 500円 10:00~20:00
入浴、休憩(別途料金)
無休
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー、セッケンあり

 鳴子温泉街から北へ少し離れた鬼首の地、バイパス(R108)と平行して走る旧国道沿いにある共同浴場的な「せんとう目の湯」にやって来ました。だいたい「せんとう」と言われると温泉ではないように思えますが、ちゃんとした温泉なのです。聞くところによると、閉鎖した旅館を建て直し、2000年から共同浴場として営業を始めたようで、建物もそのときに建て替えたらしく、キレイで新しくなっておりましたよ。
2002.05
 中に入ると待合室があり、ご近所のお爺ちゃん達がビールを飲みながら、楽しく語り合っているところ。んーと、日本のどこに行っても、温泉は社交場なんですな~。で、湯上り後にまた通ると、誰もおらず静かになっていて、なんか寂しい感じに‥。

 その木造の建物は、壁も木目を生かしたような杉材で、最近流行りなのか節付きの板が多く見られ‥(いや、枝おろししてないだけ~)。廊下からは、丸いテーブルのある(有料の)和室休憩室が見え、なんだか今日は誰も居ないようなんですね~。

 さて、廊下の奥の浴場に向かってみれば、そこには小さめの内湯があり、外の階段を下りたところに、また小さめの露天風呂が設けられています。内湯は(温度調整のためか)少ない湯量でチョロチョロと注がれ、掛け流されており、浸かってみると、無色透明のほぼ匂いのない、さっぱりとしたお湯でございます。あとはアルカリ性のツルツルする肌触りも、ありですかな~。

 露天風呂の方は、お湯の投入量が多いせいかツルツル感が増しており‥。浸かっていると、塀の向こうがすぐ川になっているようで、川音がサヤサヤと聞こえてくるのです。あと、女湯のお風呂の脇に山桜があり、見ごろの時季(4月下旬~5月上旬)は最高だと、女湯にいたマダムが教えてくれたそうです(MG談)。

泉質:単純温泉 低張弱アルカリ性高温泉 源泉:目の湯動力泉 63.0℃ pH8.0

メモ) <後日、テレビで紹介されたのを拝見>
 役場を定年退職した旦那さんが、閉鎖していた旅館を建て替えて、銭湯を始めたそう。源泉100%のお湯は毎日温度が違い、注ぐお湯の量で温度調整をするのが大変。営業終了後に毎日2時間かけてお風呂の掃除をするのが、老いた体にはとてもキツそうでした。2002.11


宿泊は、鬼首ホテル一覧

©東北な温泉 2002-17rw