東北な温泉 宮城の温泉

ヴィーナスの湯

、突進レポ

ヴィーナスの湯

(長沼温泉)
ヴィーナスの湯 - 施設の外観ヴィーナスの湯 - 施設の外観とニャンコ
ヴィーナスの湯 - ラウンジヴィーナスの湯 - 広間
〒987-0513 宮城県登米市迫町北方字兵粮120-1 TEL.0220-23-1126

入浴 600円(2H:400円も)
入浴、休憩(無料)、食事(弁当、惣菜)
館内は完全禁煙
男女別(内湯2、サウナ1)
シャンプー・セッケンあり

※2003.07営業開始

 8月、宮城の県北、冬の白鳥の飛来地で有名な伊豆沼・長沼の、長沼のほとりにある長沼ウィングガーデン内の浴場、「ヴィーナスの湯」にやって来ました。えーと、まだ先月オープンしたばかりの、できたてホヤホヤの施設でして‥。

 夏のこの時季は、湖一杯に青々としたハスの葉っぱが広がっていて(花はまだ)、咲いたらいったいどうなるのだろうと、想像力をかきたてるくらい凄い景色なのです。
 
 施設内には総菜と弁当と地ビールが売られていて、広間やラウンジで飲食できるようになっておりました。お風呂は湖に面した浴室にあり、前述のハスなども見られ、眺めがとても素晴らしいのです。ぼーっと見ていると、心が自然に洗われ、安らぐんですよねー。

 お湯は茶色の湯ノ花が舞う、黄緑色に濁った掛け流しの温泉で、湯船では殆ど匂いはありませんが、注ぎ口付近では鉄と食塩泉の匂いがする、意外に強力な温泉なのです。何も期待しないで来てみたら、とっても満足のいく温泉で、気分もサイコー。これなら人気が出るかも知れませんね。

 湯船はカーブした細長いもので、低周波、バイブラ、ハーブの湯に分けられており、うっかり低周波の出る白い板のところに手をやってしまい、ビリビリッとしびれ、あわてて手を引っこ抜き、あ~こわ! 女湯はこちらとは少し違った趣向になっているそうで、日替わりで交代するようですね。

 湯上り後、広間で休んでいると、どう見ても女性の人数が男性の3倍はいるのです。なぜかなーと思っていると、今日の女湯には(特別に)エステバスというのがあったそうで「女性はエステ(の文字)に弱いのよん」とマネージャーが語っておりました。んー、おジジ様方はどこに行ったやら。

泉質:ナトリウム-塩化物泉 等張性弱アルカリ性温泉 源泉:ヴィーナスの湯 39.0℃ pH7.6 692L/M
ヴィーナスの湯 - 湯舟からの景色ヴィーナスの湯 - 内湯1
ヴィーナスの湯 - 内湯2ヴィーナスの湯 - 内湯3
©東北な温泉 , 17rw