東北な温泉
鉛温泉・藤三旅館、突進レポ

藤三旅館(鉛温泉)

鉛温泉・藤三旅館 - 施設の外観鉛温泉・藤三旅館 - 施設正面・玄関 〒025-0252 岩手県花巻市鉛中平75-1 TEL.0198-25-2311

入浴 700円
入浴、休憩(広間無料)、宿泊、湯治
男女別(内湯1)、混浴岩風呂1、宿泊用(内湯2、露天風呂)
シャンプー・セッケンあり

 花巻市の北西、豊沢川沿いの奥にある名物旅館「鉛温泉・藤三旅館」にやって来ました。ここはなんと湯治部屋が100室、旅館部屋が40室もある大きな施設。レトロ感バツグンの古き良き時代の堂々たる建物は、昭和16年建築のケヤキ造りの3階建て。内も外もすこぶるひなびていて、そこにいる人間すらもそのように見えてしまうのです。まさに、現代に残された昭和のパラダイスなのでございますな~。

 で、旅館は幹線道路から川沿いへ崖を少し下った所にあり、その駐車場の入り口はとても狭くて、え~? 運転に自身の無い人は、旅館の方に下りて行かないで幹線道路の脇の駐車場に止めるとよいでしょう。
2003.04
 受付を済ませ、案内掲示に従って浴場へ。「お、あった、あった」と名物の混浴岩風呂を廊下の窓から覗き見。(‥後日テレビで見たら、”覗き見禁止”の張り紙がベタベタと)。んー、よく考えたら女湯を覗いているのと一緒だったかも~。どうもすみません。もし若い女の人が入っていたら罪の意識無限大~。差別すんなよ~。

 その浴場は、浴室自体が石段を下りた地下の底にあり、同じ空間に仕切りもないまま脱衣所、洗い場、湯船がある構造になっているのです。またその上部は高い吹き抜けとなっていて、それが明り取りも兼ねている様子。お風呂は湯船の底からお湯が湧いているそうで、日本一深い岩風呂(水深平均125cm)とのうたい文句なのです。まあそれは平均の話で、深いところはもっと深いそうなのでご注意を‥。あ、そういえば秋の宮温泉郷の鷹の湯が130cmとうたっておりましたな~。これらは立ったまま浸かる、立ち湯というものですね。

 見るとそこでは、お爺ちゃん達とお婆ちゃん達が湯船の縁に座り、なにやら世間話を‥。ここはかなり魅力的なお風呂ですが、このシチュエーションが何か怖くなり、逃げるように次の間へ向かってしまいましてね~。まあでも、ちゃんと女性専用時間もあるようなので、ご心配なく。

 次に向かった内湯は、湯治棟の奥の売店の先にありまして、こちらは何か殺風景で、ちょっと味気ない感じも。お湯は無色透明で匂いのない単純泉で、弱アルカリ性の少しスベスベする肌触りのお湯なのです。また、浴室の窓の外には豊沢川の流れが見え、景色は案外良い感じなんですのよ。‥他にもお風呂があるようですが、日帰りではここまで。

泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 源泉:鉛温泉(下の湯) 50.2℃ pH8.4
鉛温泉・藤三旅館 - 混浴岩風呂鉛温泉・藤三旅館 - 内湯
混浴岩風呂、内湯の順
宿泊は花巻ホテル一覧
©東北な温泉 2003-17rw
投稿へ

藤三旅館(鉛温泉)


コメント

「待ってた」本格営業スタート 花巻・鉛温泉スキー場

 花巻市鉛の市営鉛温泉スキー場は21日、今季の本格営業をスタートした。雪不足のため昨年12月23日のスキー場開きから約1カ月遅れでリフト運行を開始。心待ちにしていたスキー客らが思い思いにシュプールを描いた。

(投稿者 匿名 さん / 2016年01月22日)

楽天トラベルアワード2012受賞

インターネットの宿泊予約サイトで顕著な宿泊実績を上げたり、利用者からの評価の高いホテルを表彰する「楽天トラベルアワード2012」で、花巻市の鉛温泉「藤三旅館」が県内で唯一、レジャー部門の金賞に輝いた。2008年に次ぐ2回目の金賞で、関係者は「お客さんに自慢の湯を楽しんでもらいたいとの心掛けが評価されたのでは」と受賞を喜んでいる。

(投稿者 だんぽさん さん / 2013年03月09日)

 8年ぶりに中学校のクラスの同窓会を開きました。出席者は男5人女7人でした。みんな23~24歳です。宴会のあと、みんなでこの旅館の「白猿の湯」に浸かりました。
 混浴でしたので、ちょっぴり恥ずかしかったですが、お湯を楽しみました。ほのぼのとして、とてもいい思い出ができました。

(投稿者 岩手の男の子女の子 さん / 2012年07月01日)

 全国の温泉巡りをしています。混浴の習慣が残っている旅館もあり、それも旅行の楽しみの一つです。
 この旅館の「白猿の湯」も混浴の習慣が残っています。それはそれで習慣なので、いいことだと思いますが、脱衣場が浴室の中にあり、丸見えです。男女別の入口をきちんと分け、脱衣場はきちんと囲ってもらいたいと思います。

(投稿者 温泉趣味の女性 さん / 2009年01月10日)

5月2~3日にかけて、友人夫妻と四人で南花巻温泉郷~湯田温泉郷を回った際、藤三旅館に寄りました。私達夫婦は月に二度程、日帰りも含め(長くて二泊三日の)東北の温泉巡りをしています。最近は個室の露天風呂付温泉にばかり宿泊していましたが、前々から一度は入ってみたかったので途中下車しました。朝の10時すぎ位でしたのでそんなに混雑はまだしてはいませんでしたが、連休に入っていましたので宿泊客はかなりおりました。 お風呂の清掃時間と重なり、白猿の湯(混浴)しか入れなかったので四人で入りました。ちょうど四人しかおらず(男性のみ)混み合っていなかったので、友人の奥さんも私の妻もそんなに抵抗なく一緒に入ることができました。ウワサどおりのとても良い立ち湯で、お湯も透明で又浴槽も古いわりには掃除も行き届いているようで思ったよりコギレイでした。妻も感動してました。又、売店のおばあさんも話好きな方で、たぶんこのおばあさんも名物おばあさんかなと思いました。お風呂への入り口は二ヶ所あり下へ(浴槽)続く階段を下りて行くのですが、私は、男、女それぞれの入り口かなと思っておりましたら、関係なく男でも女でも入れるようになっていました。(できれば男女別の入り口にするとか、浴場内の着替え個所を一考してもらうとか、あるいは浴槽がもう一つあるとかすれば女性も入りやすいと思います) 藤三旅館を後にして、大沢温泉~瀬美温泉それぞれの混浴に入り我家に帰りましたが、藤三旅館の混浴が一番良かったです。妻もまた行きたいとの事でしたので、今度は夏油温泉を(まだ入れなかったので)かけていきたいと思っています。

(投稿者 まさと さん / 2006年05月05日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。