東北な温泉
鳴子観光ホテル、突進レポ

鳴子観光ホテル

(鳴子温泉)
鳴子観光ホテル - 施設の外観鳴子観光ホテル - 施設玄関 〒989-6823 宮城県大崎市鳴子温泉湯元41 TEL.0229-83-2333

入浴 1080円
入浴、宿泊
男女別(内湯1、露天1)
シャンプー・セッケンあり

 鳴子温泉の中心部、共同浴場滝乃湯のすぐ下にある大型ビル、「鳴子観光ホテル」にやって来ました。おや、なんだか日帰り派には敷居が高そうなお姿‥。でも、ちょっと料金は高めですが、日帰り入浴の時間が長く(当時は‥)、日帰り派には嬉しい施設なのです。

 玄関前のちょっとした駐車場に車を乗りつけると、係りの方が走って来て駐車券をくださり、引き換えに車のキーを渡して突撃‥。まあ、後の細々は成り行きで‥。
2003.02
 中に入り受付を済ませ、浴場へ。と、お風呂はエレベーターで3階に上った所にありました。

 いざ浴室に入ってみますと、入り口の真ん前に、白湯らしい透明なお湯が注がれる八角形のお風呂があり、それはきっと”あがり湯”または肌の弱い人用のお風呂なのだと思われ‥。そしてその先の窓の外に、少し小さめですが何やら凄そうな色合いの露天風呂が見え、うむ? これは何だか凄いぞ~と‥。

 して、右を見ると、そこにはかなり大きな内湯があり、青白く濁った硫黄泉が湯量豊富に注がれ、掛け流されています。また、それは硫黄の匂いをプンプンとさせ、「やはり温泉はこれじゃなくちゃ!」と、分かった風な自分をうなずかせるのです。あと、端の方には3筋の打たせ湯も落とされ、水中には黒い湯ノ花も、少し舞っておりましたのよ。

 さて、先程の外の露天風呂は、少し緑色がかった白濁した硫黄泉で、浸かってみると少しスベスベする肌触りのお湯。こちらは白い湯ノ花が舞っており、その小さな湯船には十分過ぎる湯量で掛け流しに‥。まあ、ご覧の通り、最高でございますね~。んー、これって同じ源泉?

泉質:含硫黄・ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型) 低張性中性高温泉 源泉:川原の湯 59.8℃ pH6.4 ナトリウム 403, カルシウム 131, 硫酸 576, 炭酸水素 599, 遊離二酸化炭素 352, 遊離硫化水素 14.1, 硫化水素 3.1, チオ硫酸 1.1(分析:昭和60年)
鳴子観光ホテル - あがり湯鳴子観光ホテル - 露天風呂
鳴子観光ホテル - 内湯
あがり湯、露天風呂、内湯の順
宿泊は鳴子温泉ホテル一覧
©東北な温泉 2003-18rw
投稿へ

鳴子観光ホテル(鳴子温泉)


コメント

入浴料 1080円に成ってました。

(投稿者 よし さん / 2014年05月09日)

2度目の宿泊で、今回は酔わずにお湯を堪能できました。加水しているようで、濃さを感じないさらりとした浴感のお湯でしたが、湯上りに汗だく状態となるのは流石に鳴子の湯です。広くて清潔な大浴場だけでなく、周囲を囲まれて見晴らしのない露天も、思ったより気持ちがいいものでした。

(投稿者 このへんの湯トラベラー さん / 2013年01月17日)

トヨタのお店にある「DRIVE BOOK」(無料)に以下に割引クーポンが付いておりました。
入浴料金:1050→840円
2012.11.30まで

(投稿者 ぞう さん / 2012年08月10日)

行って来ました、憧れのカンコーホテル・・・

ただ、循環ろ過・塩素投入の表示を先に見たせいか、やや湯自体が薄い感じに思えたのです。
残念。先日の鳴子ホテルと較べるとどうでしょうか・・・

(投稿者 MS さん / 2008年03月11日)

浴槽は広くていいのですが、温泉は薄いような気がします。どの程度薄めているか気になります。

(投稿者 のなかみっきー さん / 2007年10月17日)

1泊の予定で、利用させて頂きました。
15時にチェックインをし、早速、お楽しみの温泉へ。
硫黄のいい香りがぷ~んとっ。
お湯の温度も丁度よく、2時間弱(脱衣所の、無料マッサージ機での癒しも含み^^)まったりさせていただきました。

脱衣所&浴室。
どちらも清潔で、汚いところが、目についきませんでした。

お風呂に入るとなぜか、お腹がすくのは、私だけでしょうか?!

お夕飯の豪華な事!!
品数も多く、どれから食べてよいのか、分からない状態。
がっつりと頂きました。

翌日、帰る予定だったのですが、空室があるとの事で、もう1泊!!

まさに温泉三昧でした♪

お食事も、夕飯&朝食、前日とはメニューがまるで異なり、大満足の癒しのホテルでした!!

絶対また利用させて頂きたいですっ

(投稿者 みち さん / 2006年07月26日)


コメントしてください
実際に体験した感想や、新しい情報等がありましたら、ぜひ投稿してください。