東北な温泉 蔵王温泉

おおみや旅館

、突進レポ

おおみや旅館

(蔵王温泉)
おおみや旅館 - 施設の外観 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉46 TEL.023-694-2112

入浴 525円
入浴、宿泊
男(内湯1、露天1)、女(内湯1、露天1)、男女は日替り
シャンプー・セッケンあり

標高 約900m

 4月、蔵王温泉の旅館案内パンフレットなどを見ていると、どうしても入ってみたくなる風合いの白濁硫黄泉の、「おおみや旅館」にやって参りました。そう、ここはなんたってお風呂の雰囲気が、とても良さそうなんですよね~。

 で、来てみると、蔵王温泉街の中ほどの上湯共同浴場のすぐ上に、くっ付くようにこの「おおみや旅館」が佇んでおりまして‥。それから中に入り入浴をお願いすると「どこかの旅館にお泊りですか?」と尋ねられ、「いいえ」と答えると「それでは525円になります」と‥。んー、察するに、姉妹店に宿泊すると無料なので、それを尋ねたのかも~。
 
 さて、受付を済ませ奥の浴場へ。と、そこには誰も居ないのはよいですが、「え!?」と思うほど湯煙りがモウモウと立ち込めていて、それは視界が確保できないくらいなのです。どうやら、にわかに霧の中(雲の中)に入った感じで‥。も~、大変。

 それでも喜び勇んで浴室に突進してみますと、そこには四角い内湯が2つあり、どちらもとにかく熱いお湯で、片足をちょっと突っ込んでみれば、とても耐えられないほど‥。で、湯船に注ぐ水道の蛇口が無いもので、自力でカランから桶に水を汲み15杯くらいうめて、やっとのことで浸かることができましてね~。が、案の定、すぐに熱いお湯が大量に注がれてしまい、1分くらいで元のもくあみ‥。

 お湯は少し白く濁った硫黄泉で、白い小さな湯ノ花がたくさん舞うもの。そして硫黄の匂いが強い強酸性のお湯ですが、気泡が多いせいかスベスベする肌触りで、木造の湯船の縁には沢山の白い湯ノ花がへばり付き、見事なまでに自然の景色を作り出しておりました。

 で、もうイヤと内湯から逃げ出すように外の露天風呂に出てみたら、こちらは更に激しい湯煙でモウモウと‥。そこは交代で女湯になるためか四方八方がヨシズで囲まれ、また屋根代わりにもヨシズをかけてあるもので、上から雨がボタンボタンと落ちて来ましてね~。そしてそれが水面で跳ねて、しぶきが目に入ると、酸性のお湯なもので痛いのなんの。

 あ~、なんという地獄の様相、まいりましたでございます。こんな楽しい体験、ありがとうございます。まあ、たまたまなんでしょうけどね~。んー、平時にまた来たいです。

その1>泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性強酸性高温泉 源泉:近江屋2号源泉 48.6℃ pH1.40
その2>泉質:含鉄・硫黄・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 低張性強酸性高温泉 源泉:近江屋源泉 43.3℃ pH1.3
おおみや旅館 - 内湯1おおみや旅館 - 内湯2
おおみや旅館 - 露天風呂
©東北な温泉 , 19rw