東北な温泉
笹谷温泉、突進レポ

笹谷温泉一乃湯2002

笹谷温泉一乃湯 - 施設の外観笹谷温泉一乃湯 - 施設のエントランス 〒989-1502 宮城県柴田郡川崎町大字今宿字スド15-3 TEL.0224-84-5626

入浴、休憩、食事、宿泊、飲泉
男女別(内湯3、露天風呂1、サウナ)
シャンプー・セッケンあり、浴衣・タオル付き
最新レポートは → 笹谷温泉(2009年)

 山形自動車道の笹谷インターそばにある宿「笹谷温泉・一乃湯」にやって来ました。外から見ると小さく見えますが、中はとても広く(古いですが)意表を突いて鉄筋コンクリートの建物なのです。土曜の昼過ぎに来てみると、既にお客さんがいっぱいで、少しだけ空いていた広間の片隅に席を見つけ、ホット一息。宿泊のチェックインが午後2時からなので宿泊客も多いのか、お風呂には結構な数のお客さんがおりました。
 
 さて、広間にはテレビとマンガと自販機が置かれ、また食事や生ビールも頼めて結構くつろげる、まあまあ広いお休み処となっております。それから飲める温泉があり、その温泉は通信販売も行っているみたい。

 浴場に向ってみると、内湯には3つの湯船があり、一つは透明の石灰泉というもので、あとの2つは芒硝鉄泉と表示してあり、それは茶色に濁った、ちょっとぬるめの温泉でありました。

 露天風呂は外に出て小さな橋を渡った所の、渓流も見える最高のロケーション。ところがお風呂に足を突っ込んでみたところ、水~。ちょっと暖かい部分もありましたが、北国の3月ではとても寒くて入れなく‥。隣にサウナがあるので、それ用の水風呂になっている感じでもありますの~。(‥実は女湯の方は露天風呂もちゃんと入れて、とても気持ち良かったそうなんです)。

 露天風呂の周りで、小雪の降る中を素っ裸で惨めに右往左往していると、突然ガタンと音がし、サウナからオジサンが出てきたのにはオドロキ~。プルプルと震えている私を見て「こっちはあったかいぞー」と教えてくれたんですわな~。

泉質:ナトリウム・カルシウム・鉄2-硫酸塩・塩化物泉 低張性中性温泉 源泉:一乃湯 39.8℃ pH7.1 1030m掘削 ナトリウム 1750, カルシウム 479, 鉄 21, 塩素 1004, 硫酸 3002, 炭酸水素 413

追記)03/12
 ここの飲泉は有名で、地元の方が結構利用しているらしく、人それぞれ違うとは思いますが、お腹がすっきりして便秘に良いという話です。改めて成分表を見てみると、硫酸イオンの数値が間違いではないかと思うほど凄いですね。
笹谷温泉一乃湯 - 広間笹谷温泉一乃湯 - 内湯
笹谷温泉一乃湯 - 露天風呂へ続く橋笹谷温泉一乃湯 - 露天風呂
宿泊は川崎町ホテル一覧
©東北な温泉